スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
本日職場にてオーストラリア人のプレゼン受ける。
今日は午前中にオーストラリアのソフトウェア会社の新製品に関するプレゼンテーションを受けた。そのソフトウェアは特定の業務に関する監視業務を司るソフトウェアで、変動性のある要素から怪しい動きを検出してAlertを表示するものである。
怪しい動きの変動要素は詳細まで明らかにされる。しかしながら最終的にそれが本当に悪質な行為かどうかは人間が判断しなければならない。そして欧米ではこういう分野に特化した学問を研究した大学院生や博士号を持った人たちが解析にあたっていると言う。
今日のプレゼンターはその会社の創立者で現在は大学で学生相手に講義を行っている人物で、物理学博士号を持っている人だった。
オーストラリア人と聞いて例の独特のアクセントに悩まされるのではないか、と最初から警戒していたが説明を聞き始めるとそれが杞憂である事がすぐにわかった。確かに僅かに独特のエイがアイになるという部分はあるが、大変聞き取りやすくアメリカの大学で教えているのか?と勘違いするほどだった。
やはり、大切なのは強弱リズムとイントネーションなのだ。これがしっかり理にかなってさえいれば、どこに行っても英語は通用するものだ。

ところで今月から下の写真のテキストでお馴染みの「ビジネス英会話」を再開することにした。4月からのNHKの番組改編で、この番組の夜の再放送は11時15分開始に押し下げられて(元は10時45分からだった。)、その為に2ヶ月間は「英会話上級」に変えてみたが、夜の再放送が火・木・土の週三回しかないのが痛い。それと内容の面白く無さだ。ついに我慢できなくなり元に戻すことにした。

その「ビジネス英会話」今月号の巻頭で、杉田正先生はいみじくも以下のような事を書かれている。~しかし、いつも気になるのは、「涙なしに」「聞き流す」だけで英語が上達でき、あるいは「片言」でも通じることをうたい文句にした本や英会話クラスが氾濫していることです。
聞き流すだけなんてグータラではけっして身に付かない。この事を再確認できただけでもテキストを買った意味があった(笑)!

ビジネス英会話


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
スポンサーサイト
【2006/05/31 22:31 】 | 英会話 | コメント(5) | トラックバック(0)
<<Reuterのニュースより! | ホーム | Voice of America on May 23rd. 2006>>
コメント
杉田正先生の仰られること。
世田谷CES先生からも全く同じ事でアドバイスを頂いたことを思い出しました。
努力せず身についたらニセモノです。
以前の先生のコメントでTOEIC対策ではなくいつも通りの勉強でなければ意味がない(←表現が違っていたらすみません)。
同感です。ちょうどよいレベルのテキストで「努力して」励みます。
【2006/05/31 22:44】| URL | しー #- [ 編集 ]
実は杉田先生のコメントには続きがあり、
はっきり言って、語学の勉強はつらく厳しいプロセスです。といった調子で艱難辛苦の道ばかりが強調されていますが、これは私の趣旨に反しますので、あえてカットさせて頂きました(笑)!
私はこれほどpessimisticでもstoicでもありません。どうせならサークルも少しでも楽しくと思って、あれでも工夫しているんですよ(笑)!
【2006/05/31 23:00】| URL | 世田谷C.E.S. #p0sRqnjc [ 編集 ]
世田谷先生
いつも親身な教材を用意頂き、授業中は楽しく充実した、私にとって非常に欠かせない時間になっています。
TOEICは、なにとぞっ!!
ながーーーい目で。よろしくお願い致します。
【2006/05/31 23:15】| URL | しー #- [ 編集 ]
英語教材の誇大広告に、ついつい引っかか
りそうになります・・・
なんだか弱みにつけこむタイトルで、
楽して英語が上達できるのではないかと
甘い考えをもってしまいます。
世田谷C.E.Sさんのように、
英語上級者の方のアドバイスや勉強方法は
とても良い勉強になります。
【2006/06/01 11:17】| URL | はちみつ色 #- [ 編集 ]
TOEICもボチボチやりましょうよ!
しーさん、
単純にスコアーを伸ばしたいなら対策本で勉強すれば上がるとは思いますが、それでは本当の英語力が身につくわけではありませんので、じっくり焦らず毎日の積み重ねで底上げをしましょう。

はちみつ色さん、
コメントを頂き有難うございます。海外生活の経験を英語力のアップに生かせるかどうかは、今の日本でのフォローアップにあると思います。海外で経験した事を若い感性を生かして自分のものに取り入れていってくださいね!
【2006/06/01 12:17】| URL | 世田谷C.E.S. #p0sRqnjc [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。