スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
日本人の英語学習に必要なこと!最終章
この特集も今日で最後と言うことで今日は総括をしてみたい。
日本人が英語を学ぶ上で必要なことと、ことさら他の国の人と区別して書くのには訳がある。
今から15年ほど前には欧米の非母国語教育研究者の間では、大抵の学校で英語を学んだ日本人は、文章を読ませたら相当難解でも読みこなせるし、英作文でも高尚なことを書くことができるが喋らせたら幼稚園児並の人も居る。
このアンバランスさの奥に日本人の英語習熟度の高さが隠れている事に気づいていなかった当時のNative Speaker達は、日本人の大人の学習者に対しても喋る方のレベルの低さに合わせて、子供の教材をあてがって勉強させていた。
しかしながら日本語と英語とでは文の中での品詞の並び順が、全く異なるのである。だからこそ日本人にとっては英語が咄嗟に出てこないのである。それなのに幼児用の教材を与えても殆ど無意味なのである。
ならば長所を伸ばし欠点を補う工夫さえすれば、たとえ大人の学習者と言えども、大きく英語力を伸ばすことができるはずである。その事を私は訴えて日本人の大人向けの教材の改善を出版社に求めてきた。
一点だけその為の工夫のヒントを挙げるとすれば、英語の平叙文では主語の次には動詞が来るということであり、さらにその動詞が時制や主語の人称・単複によって形が変わってくると言うことである。
即ち主語と動詞の形さえ決まれば英語では喋り始められるのである。

最後に試験の点数と英語の力について述べるならば、例えばTOEIC対策の試験勉強を重ねた結果850点を越えたとしても、それで急にNativeとの会話がスムーズになるわけでは決して無いと言うことである。
私のように特別英語の資格試験の対策勉強などしないで自然に英語の力をつける勉強をした結果なら点数と実力は比例するだろうが、試験勉強だけを続けてきた人は、Complete sentenceを構成する力は問われないし、単により妥当な回答を選び出すカンが強くなるだけなのである。
どうか、こういう事柄を意識して勉強法を改善して頂きたい。

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
スポンサーサイト
【2006/05/27 00:35 】 | 教育 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<Reuterのニュースより! | ホーム | 最近お気に入りの教材 Part1>>
コメント
先ほどはコメントありがとうございました。
自分で勝手に理解をしたりして、
英語学習の難しさを実感しましたv-356

私は英語学習法は、いまだ手探り状態です。
なかなか英語が上達しないので、
イロイロと教材を試してみたり・・・
世田谷C.E.Sさんの記事はとても勉強になりました。
リンクさせていただきました。
これからも宜しくお願いします。


【2006/05/28 23:13】| URL | はちみつ色 #- [ 編集 ]
興味あるテーマに絞り込めば!?
学校を出た後の英語学習には、やはり自分が興味ある事をテーマにして、徹底的に集中することが早道のような気がします。
例えば音楽が好きな人は音楽の歌詞からリズムや表現を学ぶとか、スポーツが好きな人は向こうの専門誌やスポーツ番組で勉強する。その他にも映画を見たら原作を読むとか美術や趣味の世界から掘り下げていくことも可能でしょう。いずれにせよ長続きする方法が宜しいかと思いますね。
【2006/05/29 12:33】| URL | 世田谷C.E.S. #p0sRqnjc [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。