スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
仮病による病欠のシーズン!?
自分が得意とする英語はアメリカンイングリッシュであり、イギリス人が喋る英語は時として全く聞き取れない事もある。根底として苦手意識が拭えずに居るのに、実際には仕事の上でイギリス人との接点が多い。
そんな中で、先月のサークルで取り上げたニュースの中に、こんな面白い記事があった。所はロンドンからのロイター通信である。
イギリスでは2月の上旬が一年の中で最も仕事を仮病で休む人が多い時期だそうである。
理由は、1.年末の長いクリスマス休暇が明けて休みボケの身体に鞭打って働き続ける事に疲れた虚脱感。2.次の祝祭日まで日数があり、1年の内で早くとも春までは年次有給休暇を取りたくないので病気を装う。(実際の所イギリスの祝祭日は極めて少ない。)
洋の東西を問わずサラリーマンの考え方が似通っているのは笑える。
しかし一方で長年イギリス人と付き合ってみて先方は日本は祝祭日だらけだね、というけれど彼らがヨーロッパで一番労働時間が長い、とは驚きだった。何時電話しても有給を取って不在だからである。
call in sick: Telephone one's employer or school that one is ill and cannot come to work or attend.
BLOG RANKING

スポンサーサイト
【2006/03/05 17:35 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
<<英語を聞き取れるのに喋れない??? | ホーム | 週に一度の英会話サークル!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。