スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
日本人の英語学習に必要なこと!Part5
日本の標準的な教育を受けた人間として、標準的な学習者に対して提言しているのだが昨今では教育も多様化していて、なかなか英語の学習法に関して語ることも難しくなったと痛感する。
既に小学校のときから若干は英語の授業がありましたよ、とか、高校時代にホームステイをするのが普通でしたよ、とか、中学から大学まで一貫だったからその間受験の英語を勉強していません、とか。
どれ一つをとってもすごく驚くと言うほどの事ではないが、こと大人になってからの英語学習法を語る上では随分差が出てくる。

私の場合は幸か不幸か父親が異常に英語が出来る人だった。けれども父親に直接英語を教わった経験は全く無い。アドバイスとして「ラジオの英会話をやると役立つよ」程度の話は聞いたが、当時は番組構成も単純で簡単な基礎英語から一気に高度な英会話に進まざるを得ず、そこで聞き取れなくて興味を失ってしまった。
そしてさらに目が眩む思いをしたのが中学から高校に進んだ時の、英語の難易度の上がり方である。さらに言えば大学受験に必要な英語の難しさである。
学習する単語数だけ見ても中学時代の英語では僅か1000語にも満たないのに、高校では最低でも全部で4000~4500語は覚えなければならないし、これが大学受験となると6000語なのである。同じ三年間なのに3倍以上も覚えなければならない、と聞いただけで腰が抜けてしまった。

それにこちとら英語を生業にして行こうなんて決意もしていないので、盛り上がるものなど何一つ無いのである。せいぜい大学受験の科目として足を引っ張る点数だけは取らない程度に勉強したに過ぎない。
それでも昨今の英語学習者を見ていると、この人たちは中学時代に何をやっていたんだろう?とクビを傾げたくなるものだ。
よく考えて頂きたい。中学になって初めて英語を勉強する我々の中学でマスターすべき英語のレベルなんて単語数を見るまでも無く、他の国語や理科や社会や算数に喩えるならば小学校の6年間で学ぶ程度のことなのである。例えば小学校の算数レベルを幾ら日々使わないと言って忘れ去る人はいるまい。それと同様に中学で習う英語も忘れてはならない最低限度必要な程度のことである。

簡単な英語も咄嗟に口から出てこない、と言う人は、どうかしっかりとした基礎力でもって英作文を繰り返し、すばやく表現できるよう訓練を続けていただきたいものである。

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
スポンサーサイト
【2006/05/21 17:04 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<From business English - Part9 | ホーム | Reuterのニュースより!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。