スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
Reuterのニュースより!
今日は毎週のサークル活動で使っているロイターのニュースから、印象深かった記事をご紹介したい。
「賢くなくったって有名になりたい!」ロンドン発1月半ばのニュース。英文タイトルは、"Rather be famous than brainy?"
最近実施されたイギリスの若者向けの世論調査の結果、約10%もの子供たちが一生懸命勉強して知識や技術を身につけるよりは、スターになって目立つ方が手っ取り早い収入を得る方法だと思っている、との事。
狭い日本と言う社会の中で生活してばかりいると、ついつい最近の日本はダメだとか、若い人たちの考え方はダメだ、とか思ってしまうが、現実には洋の東西を問わず最近の風潮は似たり寄ったりと言うところ。
しかしながらそれを目指した人のうち実際に脚光を浴びる人の割合が極めて低い事は、イギリスの文部省も指摘している。

brainy: able to learn easily and think quickly (= clever,smart)
publicist: someone whose job is to make sure that people know about a new product, film, book etc or what a famous person is doing
be litter with something: if something is littered with things, there are a lot of those things in it (= be full of something)
revelation: a surprising fact about someone or something that was previously secret and is now made known
long/short odds: high or low numbers, that show a high or low risk of losing
fleeting: lasting for only a short time (=brief)
wannabe:(INFORMAL) someone who tries to look or behave like someone famous or like a particular type of successful person, because they want to be like them usually used to show disapproval (=want to be)

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
スポンサーサイト
【2006/05/20 23:13 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
<<日本人の英語学習に必要なこと!Part5 | ホーム | Voice of America on May 17th. 2006>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。