スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
英語学習における地方出身者の優位点!
私が九州の大学を卒業して就職のタメに上京してきた今から25年前は余り九州出身者の比率が東京で低かったのか、自分の話す言葉を正確に聞き取ってもらえずに苦労した思い出がある。
その当時は余り英語も出来ずに東京の人が喋る英語が最も正しい発音に近くて、同郷の人間が話す英語は訛っているように感じていた。
その時約10年間東京で仕事をした後、家庭の事情で一旦九州に戻って転職し、そこで約8年間勤務して再び仕事の関係で上京したが、その間に芸能人などでも九州出身者が加速度的に増加したせいか、気付けば自分が喋る日本語を聞き取ってもらえない苦労はしなくて済む様になった。
と同時に英語を本格的に仕事でも使うようになって気づいた事は、東京の人が喋る英語が必ずしも正しい発音ではない、と言う事である。しかも東京出身者は日本全国何処に行っても自分の言葉が通じない経験をしていない。
これは海外の人たちと一緒に仕事をする上では大きなハンディキャップである。こちとら少しぐらいイントネーションやアクセントが可笑しくて変な顔をされるくらい慣れっこなので、すぐに変化をつけて相手に聞き取りやすく調整することも普通に出来るからである。

↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

スポンサーサイト
【2006/04/14 23:46 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<本日の英会話サークル活動より | ホーム | From Business English - Part 1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。