スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
国際的な視点を持つこと
英語を学習する上ではひたすら基礎的なことを身に着けるために覚えなければならない部分は確かにある。
しかしそれはたかだか中学~高校で学ぶ程度のことで事足りるはずである。そしてその年代でなければそういう学習は身に付きにくい。
すなわち40代・50代になって学生達と同じような勉強の仕方をしても覚える先に忘れてしまうのである。
それならばどうすれば良いか?ここは作戦をじっくりと練るべきである。ベテランにはベテランのやり方があるはずだ。
つまり海外の文化的背景からくる物の考え方、ものの見方を理解する事である。そうすれば自ずと相手が疑問に感じそうな事が想像できて容易に会話できるのである。つまり「敵を知り己を知れば百戦自ずから危うからず」なのである。
スポンサーサイト
【2006/02/28 22:59 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<トリノオリンピックが終わって・・・ | ホーム | ゴルフマニアの英語>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。