スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
Kiwi English
英語を母国語とする国も幾つかあり、それぞれが独自の表現を持つ部分がある。我々日本人は第二次世界大戦後は主にUSAの英語、即ち所謂American Englishを中心に学校では勉強してきているが、私の周囲では実際には英国式英語(British English)を使う方々との接点も多いし、最近ではNewZealandの方と接する機会も多い。

そんなNewZealand人の使う英語をKiwi Englishと呼ぶ。勿論この表現の語源は同国を代表するKiwiという可愛い鳥の名前に由来するが、NewZealand人は自分たち自身のことをKiwiと読んだりもする。

ここでは彼らから教わった彼ら独自の英語表現の内いくつかをご紹介したい。

□avo: afternoon
□ biscuit: cookie(英)
□ bach: small holiday home ( 'batch' のように発音します)
□ boot: car trunk (車の「トランク」です)
□ dairy: (小規模な)convenience store
□ flat: apartment(英)
□ fortnight: two weeks, fourteen days(英)
□ give way: yield (道路に書いてあります)
□ good as gold: good job, well done; not a problem
□ gumboots: rubber boots (「ゴム長靴」です。NZでは誰もが持っています)
□ heaps: a lot (非常によく使われます。"heaps of ~" のようにも使います)
□ lift: elevator(英)
□ petrol: gasoline(英)
□ revise: review, go over (「復習」の意味の普通の語です)
□ ring: phone, call(英)
□ rubbish: trash, garbage

※ここでは主にAmerican Englishとの対比で列記しており、単語の後に(英)と書かれたものは、英国式英語(British English)に共通すると言う意味である。

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

スポンサーサイト
【2009/03/01 13:40 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<American joke - 追試(番外編)~現実は甘くないようで・・・ | ホーム | 本日の英会話サークルより!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。