スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
日本の仕事の場で通訳する事の難しさ!
永年英語を使って仕事をしていると難儀な場面に出くわす事が多々ある。

その中で、最もどうでも良い点は例えば英語圏に一人で出張中に英語の誤用が元で小さなミスをすることである。まぁ私の場合、その程度は日常茶飯事でやってきた。即ち自分だけが恥をかいて今度から気をつけようと心に留めれば済むことだからである。寧ろ間違いにも気付かなくなると少々ヤバい。

反対に一番気を使うのが日本に招いたゲストを交えて国内の職場で会議をする際の通訳だ。ある時期私は専門とするコンピュータ・システムの世界に限れば日⇒英、英⇒日の通訳を、殆ど待ち時間ナシで対応できるようになった。しかし、ここで問題になるのが、どこからどこまで相手の言ったことを日本語に通訳するかである。

余りに細かい事まで通訳すると参加者の一部から「そんな事は分かっているよ」と反撃を食らう。

やり難いのはある程度英語は出来るが専門分野は通訳できないという人が同席する場合である。実にやりづらいことだが、こういう場面でマイペースで英語を話せるようになって漸く一人前かもしれない。出席者全員が英語のネイティブスピーカーの会議に出て時々コメントを言う位は、割と直ぐに慣れる。こういう日本人の中で英語で会議を進める場合のポイントを経験則的に纏めてみたい。

これは私が半導体の輸出入商社に勤務していた頃に、入社してきた留学経験のある若い女子社員から学んだ事だが、彼女はこういう面でなかなかやり手だったことに私は後になって気付いた。
しばらく不思議で仕方がなかったのは、彼女がネイティブに話しかけている英語は理解できるのに相手が返事している事は聞き取れない、ということである。

実は、ここに彼女一流のテクニックがあったのである。勿論英語が優秀な彼女が本気を出せばネイティブ顔負けの発音で英語を話す位は簡単な事である。しかし敢えて彼女は自分が発言する際に日本の教科書に載っているような表現のみを使い、日本人的発音でクリアに発音していたのである。

その事により少なくとも自分が相手に尋ねている英語だけは同僚に通訳ナシで理解してもらおう、と考えていたのである。ここで問題なのは我々は普段日本語を使って生活しており、通訳する相手が来日すると、その人の英語に自分の英語をあわせる事で相手の英語を聞き取りやすくしようと頑張る。そうする内に会議の席でも英語が国内の同僚に聞き取りにくくなる。実はこれが難問だ!

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING


スポンサーサイト
【2009/02/11 17:18 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<本日の英会話サークルより! | ホーム | 本日の英会話サークルより!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。