スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ミクロとマクロ、厳しさといい加減さ
英語を生業として生活している部分がある私はイヤでも一日の中で英語を使わざるを得ない時間帯がある。
そしてその時間帯を過ぎると、また日本語漬けの脳ミソに切り替える。
それが面倒で一層の事一日中英語で物事を全て考えようとした時期があったが、それは幾らなんでも家族の理解を得られず挫折した(笑)!
よくサラリーマンとしてそれだけで生きているような人たちから、「英語を勉強しなければならないと自分も思う。」とか「英語くらい出来ないと恥ずかしいとは思うのですが、なかなか時間が取れません。」などという話を耳にする。
私に言わせれば、どちらも不自然だ。私は英語を使って海外の人とコミュニケーションを取れるのが嬉しくて、楽しく毎日帰宅後も英語をやっている。苦しんでやりたくない勉強をしているつもりはない。
逆に英語くらい出来なければ、という言い方を聞くと何て生意気なヤツだろうと腹が立つ。アンタが言うほど簡単に身に付くなら苦労はせんわ!そんな態度じゃ一生身に付かないだろうと!
私の本業であるコンピュータ・システムの設計や開発の世界では、物事を細かくミクロで見る頭の使い方と、非常に大まかにザックリと捉えて物事をまとめていく頭の使い方が必要である。
同様に英語の学習法も気持ちを引き締めて集中して勉強する事と、逆に自分自身で大いに楽しんでイヤにならないように学習を続けていく事も大切なのである。
↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

スポンサーサイト
【2006/03/31 22:43 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<今日もサークルは休会! | ホーム | ドッグ・イヤー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。