スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
Nativeの発音で一番聞き取りにくいのは・・・?
BLOG RANKING

自分自身仕事で英語を使うようになって、もう何年にもなり殆どどんな国のNative speakerの英語でも(知らない単語は別にして)聞き取れるようになったが、今でも赤面してしまう間違いがある。
と同時に今でも少々心もとない点がある。それは最も基礎であるべきアルファベットの発音である。正直に言って電話など相手を目の前にしないで相手が今から言うとおりのアルファベットのコマンドを、PCの画面にタイプしてくれ、と言われたら自信が無い。
特に'B'と'V'、'O'と'R'、'S'と'F'、'G'と'Z'、'M'と'N'などなど。そんなバカな!と思われる方も多いかもしれないが、ある外資系の企業に勤めている時分に、システム開発に関する会議の席上で、英語にもコンピュータにも明るい人間ばかりが集まっていたのに、イギリス人技術者が発音する、RDR:Requirement Definition Report(要求定義書)と言う言葉を、日本人スタッフ全員が「オーディオ」と聞き取って首を捻っていたのである。(これは笑い話ではない!)
何でこんな事になるのか?ずばり日本の中学での英語教育がなっていないからである。世界中何処を探してもRをアール、Nをエヌ、Vをブイと発音する国はない、と言う事を我々は肝に銘じなければなるまい。
スポンサーサイト
【2006/03/21 00:12 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<英語のレベルって何??? | ホーム | アナログなオーディオが役立つ事も・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。