スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ハワイへの旅のしかた - Part2
ハワイへの旅のしかた第一弾として前回はパッケージツアーに参加するのではなく、個人で航空券と宿泊の手配をする方法について書いた。次はハワイに到着して宿泊先までの移動である。
その際に考慮に入れなければならないことが数点ある。一つはハワイと言っても幾つかの島からなるアメリカの一州であり、どの島を目的地にするかによっても話は違ってくる。
しかしながらどの島を最終目的地にするにせよ、私は初めにオアフ島のホノルル空港に降りるべきだと思う。何故ならば圧倒的に飛行機の便数が多く、それに比例して格安の航空券も豊富だからである。
勿論日本を出発する前に乗り換えの航空券を全て手配して、ホノルルに到着後空港で乗り換えのために時間を潰して次の島に渡る手も有るが、より低価格で旅する為にはホノルルで一泊する覚悟でホノルルの旅行代理店で航空券を入手した方が割安で済むのでお勧めである。
次に考慮すべき点は日本とハワイの時差と、ホノルル行きの日本発の飛行機の出発時刻の問題である。日本とハワイの時差は夏時間と冬時間はあるが凡そ-18時間で、日本を出る飛行機は大体夜の8時頃に出発するものが大半である。
そして日本からホノルルへの飛行時間が約6時間半である。そうすると日本を8時頃に出発した飛行機はホノルルに日本時間で夜中の2時半頃に到着することになり、現地自国で朝の8時半頃なのである。
これが問題なのである。短気な日本人は空港に到着後に何でもテキパキと進めようとするが、実はこれが考え物なのである。そしてこの時差はかなり堪える。機内で熟睡するためにアイマスクや耳栓を用意した方が無難かもしれない。到着初日は毎回だが相当に眠い。

ホノルル空港外観


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

つまり日本人流のペースで行動して迅速に宿泊先に向かったなら、朝早い時間に到着しすぎてチェックインができないのである。
パッケージツアーに参加したら空港到着後にフラワーレイサービスと称して参加者は肩から美しいブーゲンビリアのレイをかけて貰って、ムームーを着た美しい現地女性と並んで写真撮影をしたりする。
これとて最近ではかなり手抜きになって写真撮影に使ったレイは、その場で没収されて受け取ることは出来ない。以前は撮影に使ったレイはそのまま観光客に渡されてホテルの部屋に良い香りを残したものである。
その後パッケージツアーならば市内観光と称して免税品店などを引っ張り回されて、軽い昼食後にチェックインとなる。
さて個人旅行の場合はどうするか?到着後は出口が個人旅行客は団体旅行客と別になっているので比較的スムーズに出てしまえる。早くで過ぎても仕方がないので取り合えず、帰りの便のリコンファーメーションでもやって時間つぶしをすることになる。
この時になって国内の書店に並んでいるガイドブックにはホノルル空港に関して意外と無責任な記述がある事を思い知らされる。即ち到着ロビーと出発ロビーは近いので簡単にリコンファーメーションの為に航空会社の窓口に辿り着ける、と書かれているが、これは嘘である。
大きな荷物を引っ張りながら出発窓口に辿り着くには、かなりの時間が掛かることを覚悟した方が良い。多分急いでも15分くらいは掛かると思う。そして当然のことながらこの時にハワイが相当に暑いことに気づく。
そして喉が渇いて周囲を見回してもホノルル空港では到着ロビーから出るまで、そして出発窓口のゲートをくぐる前には自動販売機の一つもないのである。だから下手したら宿泊地近くに到着するまでは飲み物を口にすることは出来ない。
到着直前の機内で配布される朝食の際にたっぷり水分を補給しておくか、日本を出る前にペットボトルを購入しておき手をつけずにハワイに持ち込まないと、とんでもないことになりかねない。
そしてリコンファーメーションが無事に終わったら宿泊地への移動である。ハワイにはThe Busという一回2$で乗れる便利なバスがあるが、これは原則として大きな荷物は持ち込み禁止なのでムリである。
次に価格面で良心的なのがシャトルバスである。片道8$で往復だと14$である。私の経験だと3人まではタクシーよりもお勧めである。乗るときに自分の宿泊先のホテル名を運転手に伝える。この時に運転手は荷物を車体横の扉を開けて入れてくれ、降りる時に取り出してくれるがここではティップは払う必要がない。その旨車内にも注意書きがありこの点でもタクシーよりお得だ。
バスに着席後切符売りが回ってくるので、one-wayかround-tripか伝えて切符を購入。この時に往復を買った場合には切符を大切に保管することをお勧めしたい。何故なら日本人には想像できないほどに、かなり質の低いペラペラの紙で裏には帰りの便を予約する際の事務所の電話番号が記載されているからである。
是非、この方法で英語の実地訓練をしていただきたい。

http://www.hawaii.gov/dot/airports/hnl/hnl_ground_trans.htm

ホノルル空港内部図

スポンサーサイト
【2006/07/30 19:13 】 | 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0)
<<American joke - 臭いトリック(上には上が)!? | ホーム | 本日の英会話サークルより!>>
コメント
ホノルルで一泊する覚悟ですかぁ。そのくらい安いんですねぇe-2
それはいいこと聞いちゃったe-266
日本人って用意周到じゃないとどこか心配って人が多いからほとんどの人が
日本で乗り継ぎ便のチケットも容易していっちゃいますよね。
きっと私もそうだと思う。だからいい情報が聞けてよかったですぅe-343
【2006/07/31 23:28】| URL | Jula #- [ 編集 ]
こんばんわ☆
ハワイ情報、ガイド本より詳しいですね♪
とても役立つ情報を、ありがとうございます。
質問で申し訳ありませんが、
世田谷さんは、夏に行くハワイと冬に行くハワイと、
どちらがオススメですか?
【2006/07/31 23:45】| URL | はちみつ色 #- [ 編集 ]
またまたお二人さん、サンキューッ!
>Julaさん、コメント有難う!
まぁオアフ島に立ち寄れと言うのは単に私がワイキキ好きという理由だけかもしれません(笑)!
だけどハワイ島に直行するよりは乗り換えた方が確実に割安です。その辺りはホテルでもどこでも情報が入手できますよ。
それと生活のリズムですね。郷に入れば郷に従えで、ハワイに行ったらゆっくり生活したいですよね。
ワイキキで過ごしながら移動を考える、みたいなペースが最高ではないでしょうか?

>はちみつ色さん、コメント有難う!
日本で売っている割と著名な本でも、かなりいい加減と言うか書いた人が実際に足を運んでいないなぁ、と思われる部分が多々あります。特に市バスの乗り換えないなんて運転手に直接聞くしか手が無いケースが殆どですよね。
ところで残念ながら僕は冬のハワイに行った経験がありません。3月末から10月中旬位の間でしか行ったことが無いので何ともいえません。
ただハワイと言えども北半球ですから冬は夏みたいには暑くないのではないでしょうか?暑くなければマリンスポーツや海にまつわる遊びが制限されますので、やはり夏場の方が良いように思います。
【2006/08/01 12:23】| URL | 世田谷C.E.S. #p0sRqnjc [ 編集 ]
HELLO
ハワイ!1回しか行ったことがありません。秋だったけれど北海道の夏みたいに暖かく
心地よかったです。寒い地に戻るのがイヤになりました。
「ここは天国か?」ビーチに居るとき、本気で思いましたよ。
行くときはこの記事を参考にさせてもらいま~す!
【2006/08/02 07:01】| URL | しずか #- [ 編集 ]
最初に行った時には・・・
そうですよね、本当にハワイに行ったら帰りたくなくなりますよね。
初めて行った時には初日の半日ほどはホテルの部屋の窓から、アラモアナ付近の海をずーっと眺めていました。
二日目の朝も時差で早く目覚めて、一人で部屋の窓からぼーっと海を眺めていました。
本当に心が洗われる感じですね。
【2006/08/02 12:17】| URL | 世田谷C.E.S. #p0sRqnjc [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。