スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
The Catcher in the Rye - By J.D. Salinger
Epitome of last scene:

After getting drunk and making a nostalgic visit to Central Park Holden sneaks home and sees Phobe, with whom he has a long, intimate talk. Phoebe is distressed by his negativism and challenges him to mention just one thing he would like to be. It is then that Holden tells her about his ideal of being the catcher in the rye, even though Phoebe correct his misinterpretation of Burn's poem.
Holden decided to see his former English teacher, Mr. Antolini, calls him, and sneaks out of his parents' apartment. He spends the night at the home of Mr. Antolini, who is last refuge because he thinks of him as the nearest thing to a non-phoney adult.
Mr. Antolini succeeds in establishing contact with Holden, calms him down and gives him some practical advice, urging him towards a less egostistical and more constructive idealism. But everything is ruined when, after Holden has relaxed and gone to sleep, he is awakened by Mr. Antolini's patting him on the forehead, which he takes for a homosexual pass.
Confused and frightened, Holden rushes out of the house, not knowing where to go. For a time he just wanders about, realizing that his nerves are going to pieces and feeling utterly dejected.
He decides to say goodbye to Phoebe before going out West. Meeting his sister, he is deeply moved by her affection and loyalty. He is overcome by love for her and and for all people, and he knows he cannot leave. After going back to his parents he is taken to a rest home for psychological treatment. He recovers and tells about the experiences of these two dramatic days, which have taught him that he loves everyone he has ever known, 'even that goddam Maurice'.

(end)

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
スポンサーサイト
【2006/06/21 23:01 】 | 教育 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<Voice of America on June 11th. 2006 | ホーム | The Catcher in the Rye - By J.D. Salinger>>
コメント
こんにちは、
辞書を引きながら読みました。
自分の言葉でここまで英語で説明できるって、
スゴイですね!憧れます♪
今年に入って初めて whom を見ました。
whom の使い方が良く分からず・・・
自分では使ったことはありません。
やぱり多くの英語に触れることが大切ですね。
勉強になりました。
【2006/06/22 09:59】| URL | はちみつ色 #- [ 編集 ]
自分の言葉ばかりでなく引用も・・・
勿論原作の言い回しを引用させて頂いている部分もございますので、是非原書を一度読み直してくださいね!
実はこの読書会では読み終わった後に(大抵は開始から2~3ヵ月後)メンバーで集まって、自分たちの感じたところを英語で語り合ったり、印象に残る部分について英語で討論しております。
これで自分の英語の力が随分付いたような気がします。良く会話の力を付けるといってNativeと雑談に時間を潰して自己満足している人が居ますが、やはり自分の感じ方や考え方を的確の英語で表現する、難しい質問に対して(内容は多角的)できるだけ迅速に回答する、こういう訓練が最も英語を運用する(敢えてこういう表現を使います。)能力を高めてくれると言う気がします。
【2006/06/22 12:27】| URL | 世田谷C.E.S. #p0sRqnjc [ 編集 ]
実は最近この本を購入したのです。
本好きな生徒(すごくおとなしい)が「ライ麦畑でつかまえて」が好きだと言うので
「原書で読むといいよ。割と簡単だから。」と貸してあげる約束をしました。けれど、あるはずの本が見あたらずamazonで注文しました。
そしたら、翻訳本が届いてしまったのです。
「う・・・。まずい」と思いつつもそのままになっていました。やはり原書で読みたくなりました。注文しようっと!
【2006/06/22 23:00】| URL | しずか #- [ 編集 ]
割と簡単ですか・・・?
相当に出来る生徒さんでも高校生が読むには、やや難解ではないでしょうか?スラングや余り良くない表現が多いですし、本当に主人公が内面的に抱えている問題を理解するのも難しい気がします。余りムリをさせないようにしてあげてくださいね!
【2006/06/22 23:24】| URL | 世田谷C.E.S. #p0sRqnjc [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。