スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
The Catcher in the Rye - By J.D. Salinger
Epitome of last scene:

Holden Caulifield, the son of a rich Jewish lawyer in New York, has been kicked out from fashionable Pencey Preparatory School because he has flunked all subjects except English. It is a few days before Christmas.
Having said goodbye to old Spencer, his history teacher, Ward Stratlater, his conceited, athletic roommate, and Robert Ackley, the pimpy, boring boy that that rooms next to him, Holden leaves on Saturday night to spend a few days on his own in New York before returning to his parent's home.
He meets the mother of one of his schoolmates in the train, and, just to please her, tells her a pack of flattering lies about her son.
He takes a cheap, depressing hotel, from where he phones a cabaret girl and unsuccessfully tries to make a date with her. He would like to call his affectionate 10-year-old sister Phoebe, of whom he is very fond, but he knows she's asleep and he might get his parents on the phone.
Holden tries to amuse himself in the night club of the hotel, but finds it a boring experience. His visit to another might club downtown is just as disappointing.
Returning to the hotel, he accepts the liftboy's offer of a prostitute, but depressed by and sorry for the girl,he only has a long talk with her and gives her the money agreed upon. Her pimp, Maurice, browbeats Holden into giving more money and maltreats him.
The next morning Holden calls his old girl friend Sally Hayes and makes a date with her. He tells he is tired of the phoney society he lives in and asks her to run away with him. But Sally, who is rather shallow, conceited and conventional girl, refuses indignantly.
They quarrel and Holden leaves her. That night he meets his former Student Advisor, Carl Luce, a pseudo-refined intellectual. When Holden attempts to discuss his personal problems, Carl impatiently tells him to grow up and adjust himself to the world.
( to be continued )

ライ麦畑で


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

スポンサーサイト
【2006/06/20 22:22 】 | 教育 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<The Catcher in the Rye - By J.D. Salinger | ホーム | お気に入りの一冊 - The Catcher In the Rye>>
コメント
こんにちは、
この本は中学の時に推薦図書にありました。
当時の私にはちょっと難しい話でしたが、
とても良い話だったことは覚えています。
今度、読み直してみようと思います。
【2006/06/20 22:59】| URL | はちみつ色 #- [ 編集 ]
中学生で読まれたのですか?
こんにちは、コメント有難うございます。
いつもブログを拝見していて、とてもレベルが高い方だとは思っていましたが、この単語だけでも難解な本を中学時代に読まれたのですか?到底日本人とは思えないレベルですね!
でも私が思うには10代後半に色んな意味で強烈な挫折を経験した男性で無いと、なかなか主人公の考え方や反応を理解できないみたいですよ。
【2006/06/20 23:17】| URL | 世田谷C.E.S. #p0sRqnjc [ 編集 ]
こんにちは、
中学生で読んだと言っても、
国語の先生が読みやすく抜粋した本を作ってくれて、
良いトコ取りで読んだだけですが・・・
(読んだうちに入らりません・・・?)
今思うととても良い先生でした。
今の私なら、この本を理解できるようになっているでしょうか。
【2006/06/21 09:37】| URL | はちみつ色 #- [ 編集 ]
素晴らしい国語の先生ですね!
中学時代の国語の先生は英文を抜粋したペーパーを作られたのですか?大した英語力ですね。よほどこの作品がお好きで思い入れがあったのでしょうね。
私も「しずか先生」のブログにコメントしておりますとおり、中学・高校時代に素晴らしい国語の先生に担任をして頂き、それから英語の力が付いたんですよ。
この「ライ麦畑~」の後半部のあらましは、先週末に思い出しながら英文でまとめましたので、本日残り半分をアップいたします。
【2006/06/21 12:18】| URL | 世田谷C.E.S. #p0sRqnjc [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。