スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
本日の英会話サークルより!
本日は3月の下旬にしては冷え込む気候の下、男女3名の会員が集まり午後2時から約2時間半熱心に英語の学習に取り組んだ。

そんな中で「エッセーを読む」のコーナーでは、新しいスポーツの一種とされているパワーカイティングについて、実際に自ら体験し単なる従来の「凧揚げ」ではなく激しく危険を伴うスポーツと認識した、Mr. Jonathan Slatterによる'Power Kiting in Australia !'を取り上げた。

【本日学習した表現】
1. wholesale:卸売業の
2. revolution:革命、革新
3. unravel:ほどく、紐解く
4. turn into:~に変る、~に変身する
5. be on edge:イライラする

【4月度活動予定】
4月4日(土):世田谷区六所橋区民集会所
4月11日(土):世田谷区代沢地区会館
4月18日(土):世田谷区六所橋区民集会所
4月25日(土):世田谷区代沢地区会館

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

スポンサーサイト
【2009/03/28 18:41 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(1)
American joke - 夜盗が恐れるものは・・・?
Someone To Watch Over Me...

A burglar broke into a house one night. He shined his flashlight around, looking for valuables. He picked up a CD player to place in his sack, when a strange, disembodied voice echoed from the dark, saying, "Jesus is watching you."

He nearly jumped out of his skin, clicked his flashlight off, and froze. When he heard nothing more after a bit, he shook his head and continued. Just as he pulled the stereo out so he could disconnect the wires, clear as a bell he heard, "Jesus is watching you."

Freaked out, he shined his light around frantically, looking for the source of the voice. Finally, in the corner of the room, his flashlight beam came to rest on a parrot. "Did you say that?" he hissed at the parrot.

"Yep," the parrot confessed, then squawked, "I'm just trying to warn you."

The burglar relaxed. "Warn me, huh? Who in the world are you?"

"Moses," replied the bird.

"Moses?" the burglar laughed. "What kind of people would name a bird Moses?"

"The same kind of people that would name a pit bull, Jesus."

[ Hints for words ]
freak out:ひどくびくつく[興奮する]
frantically:必死に、夢中になって、躍起になって、
hiss at:~に対してシーッと言う
squawk:〔うるさく〕不平を言う、抗議する
pit bull:《動物》ピット・ブル(・テリア)◆もともと闘犬用にアメリカで作られたテリア。

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING



【2009/03/25 16:50 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
本日の英会話サークルより!
本日も昨日に続き春らしい好天気に恵まれる中、男女4名の会員が参加して午後2時から約2時間半熱心に英語の学習に取り組んだ。

そんな中で今週は過去三週の総復習回ということで、久し振りに英語のニュースを音声で聞き、文章で読んで一度で二度学習できるサイト、Voice Of Americaから、ハドソン川に不時着して一躍時の人となったUS航空の機長の話題を取り上げた。

英題は、"The Rise of a Folk Hero Who Landed on a River"で、詳しい内容はhttp://www.voanews.com/specialenglish/2009-01-29-voa3.cfmに、アクセスすべし!

最後は年度末恒例の実力診断テストで各人の問題点と目標を確認して終えた。

【本日学習した表現】
crash-landing:不時着、緊急着地
ditch:水面に不時着する
overlook:見晴らす、見下ろす
downriver:川を下って

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2009/03/21 20:26 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
American joke - 集団催眠術の顛末は・・・!?
It was opening night at the Orpheum and the Claude the Amazing Hypnotist was topping the bill. People came from miles around to see the famed hypnotist do his stuff. As Claude took to the stage, he announced, "Unlike most stage hypnotists who invite two or three people up onto the stage to be put into a trance, I intend to hypnotize each and every member of the audience."

The excitement was almost electric as Claude withdrew a beautiful antique pocket watch from his coat. "I want you each to keep your eye on this antique watch. It's a very special watch. It's been in my family for six generations."

He began to swing the watch gently back and forth while quietly chanting, "Watch the watch, watch the watch, watch the watch.... "

The crowd became mesmerized as the watch swayed back and forth, light gleaming off its polished surface. Hundreds of pairs of eyes followed the swaying watch, until suddenly it slipped from the hypnotist's fingers and fell to the floor, breaking into a hundred pieces.

"Crap!" said the hypnotist.

It took three weeks to clean up the theater....

*hints
hypnotist:催眠術師
top the bill:主役を演じる
mesmerize:催眠術をかける
gleam off:キラリと光る
crap:クソっ!

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING





【2009/03/19 00:11 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
本日の英会話サークルより!
本日は午前中から突風を伴う雨が降りしきる生憎の天候の中、男女3名の会員が参加して午後2時から約2時間半、熱心に英語の学習に取り組んだ。

そんな中、「エッセーを読む」のコーナーでは日本に住み日本の企業に勤務する、Mr. Fun Volgaが日本人の知りたがりと日本企業の特異性について書いた'Who Are We?'を取り上げた。

次回は過去三週の復習プラスαの学習を実施するため、本日学習した表現の復習は再来週に持ち越す。

【本日学習した表現】
1. ask out~:~をデートに誘う
2. to no avail:(努力などが)ムダに
3. by way of~:~のつもりで、~の目的で、~する目的で
4. humiliation:屈辱、不面目
5. fire up:を駆り立てる、憤激する、いきり立つ
6. be up for~:~に向けて意気込んで、~をする気力があって、~に乗り気で

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING



【2009/03/14 21:33 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
本日の英会話サークルより!
本日は昨日一日中降り続いた大雨から一転、時折晴れ間も見える穏やかな気候の下、男女4名の会員が参加し、午後2時から約2時間半熱心に英語の学習に取り組んだ。

そんな中、「エッセーを読む」のコーナーではMs. Risa Stegmayerによる、お料理嫌いの独身時代を過ごした彼女自身が結婚後に料理大好きに変るまでを書いた'Risa the Cool'を取り上げた。

【本日学習した表現】
despise:嫌う、嫌悪する、嫌がる
turn off:興味を失う、興味がなくなる、~にうんざりする、~を嫌いになる
spoiled:〔人が〕甘やかされて育った、駄々をこねる
dread:~を恐れる、ひどく怖がる[心配する]、~にビクビクする
persistent:頑固な、固執する
decline:断る、辞退する、謝絶する、拒否する

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2009/03/07 18:26 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
American joke - 追試(番外編)~現実は甘くないようで・・・
One night Jack Evans, along with his 3 university friends went out drinking till late night, as many college students are prone to do, and didn't study for their test, which, of course, was scheduled for the next day.

In the morning they thought of a plan. They made themselves look as dirty and weird as they could with grease and dirt.

They went up to the dean and explained that they had gone out to a wedding last night and on their return the tire of their car burst. They continued to explain how they had to push the car all the way back and that they were in no condition to appear for the test.

The dean, being a compassionate human being said that they could retake the test after 3 days. The students graciously replied that they'd be ready by that time.

On the third day, they appeared before the dean. The dean explained that since this was a special test all four were required to sit in separate classrooms for the duration of the exam.

They all agreed as they had prepared well in the last three days. The test consisted of 5 questions with total of 100 points:

MID SEMESTER COURSEWORK EXAMINATION

INSTRUCTIONS :
All questions are required. Any inconsistencies on any of the questions among the four students will result in all the candidates getting a zero mark.

Q.1. Write down your name. ----- (2 POINTS)
Q.2. Write the name of the bride and bridegroom at the wedding you attended. ----- (30 POINTS)
Q.3. What type of a car were you driving? ------(20 POINTS)
Q.4. Which tire burst? ------- (28 POINTS)
Q.5. Who was driving? ------ (20 POINTS)

[Hints for Words]
prone:likely to do something or suffer from something, especially something bad or harmful
weird:informal very strange and unusual, and difficult to understand or explain:
compassionate:feeling sympathy for people who are suffering:
duration:the length of time that something continues:
inconsistency:a situation in which two statements are different and cannot both be true [= contradiction]:

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2009/03/04 18:36 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
Kiwi English
英語を母国語とする国も幾つかあり、それぞれが独自の表現を持つ部分がある。我々日本人は第二次世界大戦後は主にUSAの英語、即ち所謂American Englishを中心に学校では勉強してきているが、私の周囲では実際には英国式英語(British English)を使う方々との接点も多いし、最近ではNewZealandの方と接する機会も多い。

そんなNewZealand人の使う英語をKiwi Englishと呼ぶ。勿論この表現の語源は同国を代表するKiwiという可愛い鳥の名前に由来するが、NewZealand人は自分たち自身のことをKiwiと読んだりもする。

ここでは彼らから教わった彼ら独自の英語表現の内いくつかをご紹介したい。

□avo: afternoon
□ biscuit: cookie(英)
□ bach: small holiday home ( 'batch' のように発音します)
□ boot: car trunk (車の「トランク」です)
□ dairy: (小規模な)convenience store
□ flat: apartment(英)
□ fortnight: two weeks, fourteen days(英)
□ give way: yield (道路に書いてあります)
□ good as gold: good job, well done; not a problem
□ gumboots: rubber boots (「ゴム長靴」です。NZでは誰もが持っています)
□ heaps: a lot (非常によく使われます。"heaps of ~" のようにも使います)
□ lift: elevator(英)
□ petrol: gasoline(英)
□ revise: review, go over (「復習」の意味の普通の語です)
□ ring: phone, call(英)
□ rubbish: trash, garbage

※ここでは主にAmerican Englishとの対比で列記しており、単語の後に(英)と書かれたものは、英国式英語(British English)に共通すると言う意味である。

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2009/03/01 13:40 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。