スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
今週のお役立ち表現 - №1
先週の土曜日から我が英会話サークルでは新しい企画として、その週に学習した内容からお役立ち表現を拾い出し、即興で例文を作ったり、定型的な表現は対話の形式で繰り返して覚える、というトレーニングを開始した。

その中から幾つかご紹介したい。

1. just happened to ~:たまたま~した。
2. Do you happen to know ~?:もしかして~をご存知ですか?
3. be ~ for the 11th year in row:11年連続で~だ。(年数は適宜変更できる)
4. take over from ~:~(人)にとってかわる
5. take over ~:~(人)から(仕事・商売などを)引き継ぐ

ビジネス上の会議にて
1.会議を始める
Good morning everyone. I think we should make a start.
2.会議のテーマを示す
We're here to discuss the final budget.
3.意見を求める
I'd like to ask Ms. Beyer to tell us her views on the first point.
4.自分の意見を言う
May I come in here ? I'd like to comment on that.
5.発言の軌道修正をする
We're moving away from the point here.
6.発言を整理する
One at a time, please.

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING


スポンサーサイト
【2006/08/31 22:49 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
Voice of America on August 27th. 2006
英語でニュースを読んで英語が勉強でき、さらにそれを音声で聞いて英語が学習できる、一度で二度おいしいサイト"Voice of America"から、今日はあのハリケーン・カトリナが襲ってから一年が経過し、どのように被災地であるニューオリンズが変化したかというレポートをご紹介したい。
英題は"One Year After Katrina, Uneven Progress Marks Efforts to Rebuild"で、詳しくはhttp://www.voanews.com/specialenglish/2006-08-27-voa3.cfmにアクセスすべし!

多額の投資を米国連邦政府は災害地復興のために費やした、とされるが、一年たった今でも9箇所ある病院のうち再開のめどが立っているには2~3に過ぎないし、確かにハリケーンが再度襲ったときのための防護壁などは整備されてきたが、いまだに身元が確認されない遺体も数十に上る、と言う。

levee:a special wall built to stop a river flooding
corps:a group in an army with special duties and responsibilities:
Requiem:a Christian ceremony in which prayers are said for someone who has died
prevail:if a belief, custom, situation etc prevails, it exists among a group of people at a certain time

NOLA


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING


【2006/08/30 21:56 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
American joke - 賢い銀行の利用法?
職場の同僚で日米ハーフのM女史(既婚管理職)、時折アメリカ在住のお姉さんが送ってくれる辛口のジョークを転送してくれる。今日も、そんな中から一つをご紹介!

A man walks into a New York City bank and says he wants to borrow $2,000 for three weeks. The loan officer asks him what kind of collateral he has. The man says "I've got a Rolls Royce, keep it until the loan is paid off, here's the keys."

The loan officer promptly has the car driven into the bank's underground parking for safe keeping, and gives the man $2,000.

Three weeks later the man comes into the bank, pays back the $2,000 loan, plus $10 interest, and regains possession of the Rolls Royce. The loan officer asks him, "Sir, if I may ask, why would a man who drives a Rolls Royce need to borrow two thousand dollars?"

The man answers, "I had to go to Europe for three weeks, and where else could I store a Rolls Royce for that long for ten dollars?"

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/29 18:41 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
遅い夏休み-焼津に家族で旅した。
日曜日から家族で焼津に旅した。意外と寒くて海水も余り綺麗でなくて折角水着は持って行ったが泳ぐ気にはなれなかった。

浜当目海水浴場


宿泊は「かんぽの宿」温泉は上々だが周囲に歓楽街も無い断崖絶壁の上で、骨休め以外何も無い感じ。子供には評判がイマイチ(笑)!

かんぽ焼津


夜の食事は豪華な海の幸に囲まれたが、食事をするレストラン風の部屋のエアコンが効きすぎて肌寒いため、夕食時に日本酒を飲んだ。地元のお酒で「志太泉」の吟醸、なかなかいける。

志太泉


東京に戻る前に焼津のインターチェンジ近くにある「さかなセンター」に立ち寄る。昼食ににぎり寿司屋に立ち寄った。「しめ鯖」のにぎりは、なかなか美味だった。

焼津さかなセンター


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/08/28 23:26 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ハワイへの旅のしかた - Part5
さて前回はオプショナル・ツアーの申し込み方法を記述したが、勿論ハワイを旅する時には必ずしもオプショナルツアーを申し込む必要は全く無い。自分で市バスを乗り継いでガイド本片手に観光地を訪れるのも悪くは無い。それらも次回以降に書くことにして今日は日常の買い物や格安のみやげ物品の買い方などについて書いて見たい。
まず無難なところでワイキキのホテルの近くなら大抵何処にでもあるのが「ABCストア」である。ハワイには随分昔からあるコンビニエンスストアーの類でもある。ただし系列店でありながら生鮮食料品が豊富な店や、薬品や化粧品が豊富な店、土産用のお菓子などが豊富な店、Tシャツ・アロハ・帽子・バッグ等が豊富な店、それに選択に必要な小物や日用品が豊富な店と多種多様なので足で比較・検討して買いたいところだ。
ただし値段の話となると日本のコンビニと同様に、けっして安いとは言いがたい。そこでちょいと足を伸ばして見たいのがスーパーマーケットだ。ワイキキから遠くない所にも一軒ある。Kuhio通り沿いにあるFood Pantryが、そのお店。食料品が中心で地元に人に言わせると余り地元のスーパーに比べると安くないのよ、と言うことだがそれでも他のストアーに比べるとそこそこだ。
http://www.hawaii123.com/smarket/oahu/pantry.html
写真はFood Pantryの野菜コーナーで見かけた「ケール」(あの青汁の原材料、1ポンド辺り1$99¢だそうだが一体どうやって調理するのだろうか?)
kele


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/08/27 18:11 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
本日の英会話サークルより!
本日は猛暑の中休みか?比較的過ごしやすい気候のせいで、久し振りにほぼフルメンバー揃ってのサークル活動を行った。そんな中で本日「ニュースを読む」のコーナーで取り上げた話題は、米国のチョコレートメーカーであるM&MsとHersheyの間で、シェア合戦が繰り広げられ、それに対抗するためにM&Ms社では、チョコレートに個人や企業でメッセージを盛り込んで大量に作成し、パーティーや企業の顧客へのプレゼントに使うと言うサービスを始めた、という話題。キャッチフレーズは「お口で溶けて、手で溶けない」から「空きスペース貸します」」という不動産風に変わる。
英題は"M&M's as in memos? Candy seeks corporate business"で、詳しい内容は、http://chinadaily.com.cn/lifestyle/2006-08/08/content_659844.htm
に、アクセスすべし!

nibble:nibbles(plural)(INFORMAL): small things to eat, like CRISPS and PEANUTS, especially at a party
encroach: to gradually take more of someone's time, possessions, rights etc than you should
turf:(INFORMAL) an area that you think of as being your own
bulk:in bulk - if you buy goods in bulk, you buy large amounts each time you buy them

M&Ms


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/26 17:43 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
お気に入りの一冊 - The Great Gatsby
今を去ること遥か昔の大学の教養課程の時分に単位取得の目的でのみ受講した英語で、この作品の完全版を原書で読んだことがある。作者はF.Scott Fitzgerald 作品名は英題で"The Great Gatsby"、邦題で「華麗なるギャッツビー」。映画にもなった名作で同名の男性化粧品ブランドまである。
何でこの作品に特別な思い出があるのか?どこかしら田舎育ちの成り上がり志向のある、主人公ギャッツビーに私自身共鳴する部分が有った事も事実だが、大学の講義で仕方なしに単位のためだけに正確に翻訳する味気ない読み方では、主人公の気持ちにイマイチ踏み込めずに居たことも事実である。
そこで教科書として買わされた原書は一旦置いておいて、翻訳本も購入して読んでみた。それでも何となく結論に至る経緯が正確には把握できずに長年いた。そんなスッキリしない気持ちでいた時に、例の英語の読書会で自分の好きな本を指定してよい、というチャンスを得た私は早速紀伊国屋書店に赴き、簡単に書き直されたPENGUINのGRADED READERからこの作品を探し出した。
勿論読んで見たら大学時代に苦労した部分を思いっきり割愛されていて、時折ストーリー展開に無理を感じる部分もあったが、結論に至る背景は充分に理解することが出来た。都会生活の生み出す悲哀みたいなものを改めて感じずにはいられなかった。

The Great Gatsby


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/24 22:57 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
Voice of America on August 21st. 2006
ニュースを英文で読んで英語が勉強でき、その英文ニュースを音声で聞いて英語が学習できる、一度で二度美味しいサイト"Voice if America"から、最近の人の顔を覚えられない病に関する研究の成果として、一般的に男性よりも女性の方が他人の顔から、その性格まで読み取れる能力が高い、という話題を紹介したい。
英題は"Women Are Able to Read More in a Man's Face Than He Might Think"で、詳しい内容はhttp://www.voanews.com/specialenglish/2006-08-21-voa2.cfmにアクセスすべし。
女性の場合は単に顔の感じから相手の考え方を読むばかりでなく、仮令目の前に居ない人のことでも電話を通した声の調子などから、その人が何か悪いことを計画しているなんて簡単に見破る力が先天的に備わっているような気がする。あな、恐ろしや・・・!

prosopagnosia:An inability or difficulty in recognizing familiar faces; it may be congenital or result from injury or disease of the brain.
congenital:a congenital medical condition or disease has affected someone since they were born:
rate:if you rate someone or something, you think they are very good:to deserve something:
manliness:manly:having qualities that people expect and admire in a man, such as being brave and strong [= masculine]:
saliva:the liquid that is produced naturally in your mouth [= spit]
intermittent:stopping and starting often and for short periods [= sporadic]:
explosive: likely to become violent or to cause feelings of violence:

Man&Woman


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING


【2006/08/23 21:58 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
American joke - 天国か地獄か?その罪深き所業ゆえ・・・
職場の同僚で日米ハーフのM女史(既婚管理職)が、アメリカ在住のお姉さんからメールで送ってもらう、ちょっぴり辛口のジョークをご紹介!

It comes to the end of Bill Gates long, successful life, he finds himself in the Purgatory waiting room, when God enters...
"Well, Bill," says God, "I'm confused. I'm not sure whether to send you to Heaven or Hell: you helped society enormously by putting a computer in almost every home in the world, and yet you've also created some of the most unearthly frustrations known to mankind. I'm going to do something I've never done before: I'm going to let you choose where you want to go."

Bill replies, "Well, thanks, God. What's the difference between the two?"

God says, "I'm willing to let you visit both places briefly to help you make your decision."

"Okay, where should I go first?" asks Bill.

God says, "That's up to you."

Bill says, "OK, let's try Hell first."

So Bill goes to Hell. It's a beautiful, clean, sandy beach with clear waters. There are thousands of beautiful women running around, playing in the water, laughing and frolicking about. The sun is shining, the temperature is just right. The whole thing looks perfect, and Bill is very pleased.

"This is great!" he tells God, "If this is Hell, I REALLY want to see Heaven!"

"Fine," says God, and off they go.

Heaven is a high place in the clouds, with angels drifting about playing harps and singing. It very nice but not as enticing as Hell. Bill thinks for a moment and announces his decision.

"Hmm, I think I prefer Hell." he tells God.

"Fine," says God, "As you desire."

So Bill Gates is taken to Hell.

Two weeks later, God decides to check up on Bill to see how he's doing in Hell. When God arrives in Hell, he finds Bill shackled to a wall, screaming amongst the hot flames in a dark cave. He's being burned and tortured by demons.

"How's everything going, Bill?" God asks.

Bill replies, his voice full of anguish and disappointment, "This is awful, it's not what I expected at all, I can't believe it. What happened to that other place with the beaches and the beautiful women playing in the water?"

God smiles and says, "That was the screen saver."

Purgatory:in Roman Catholic belief, a place where the souls of dead people suffer until they are pure enough to enter heaven
unearthly:1 very strange and unnatural, and probably frightening:
frolick:to play in an active happy way:
enticing:something that is enticing attracts or interests you a lot:
shackle:to put many limits on what someone can do - used to show disapproval:

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/22 22:52 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
English is English
毎週土曜日の夕方からNativeの講師が主導する形式のdebateに参加していることは以前にも書いたとおり。このsessionは基本的に月に4回開催されて、一週おきにアメリカ人(ドイツ出身?)の女性と、ニュージーランド人の男性が交代で講師を勤めている。
ところが今月は二人とも夏期休暇で一時帰国なさるということで、ピンチヒッターでイギリス人の女性講師が3回だけきてくれた。大変cuteな白人で、イギリス人には珍しく(非母国語の外人に英語を教える勉強をしてきただけあって)非常に判りやすい発音で喋ってくれた。
その二回目(先週)の終わり頃に常連の女性メンバーが、イギリスでは小学校~高校の間で授業の科目として勉強するEnglishは、内容によって「英文法」や「英作文」等に区分されているか?と質問した時の彼女の回答が本日のタイトルだったのである。
さらにイギリスでは高校を卒業するまでに一度も英文法を勉強しなかった、というのである。唯一文法を勉強したのはラテン語だけだというのである。それを聞いた時に私は「やっぱり」と心の中で喝采をあげた。
昔韓国のソフト会社が作成した格闘技系のゲーム・ソフトの中で、大柄な外国人に襲われた東洋人(多分韓国人)が、相手の巨人とも言える外国人が喋っている内容を理解できずに、メモ用紙と鉛筆を手に「君の言いたい事を、この紙に書いてくれ。英語については書くことと読む事には自信が有るから。」と差出しつつ、気が付けば外人の巨人にボコボコにされるのである(笑)!?
英文法を重視する方々は実際に英語を書いたり喋ったりする時に、文章を完成させるのに一体何時間かけようとしているのだろうか?

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/20 18:11 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
本日の英会話サークルより!
本日も猛暑のお昼過ぎと言う外出するには厳しい時間帯にも関わらず、熱心な会員さんたちが集まって英語の勉強に、二時間半にわたって取り組んだ。
そんな中で「ニュースを読む」のコーナーで取り上げた話題は、イギリスにある大学の統計的社会心理学者が、世界中のどこの国民が最も幸福かを調査したところデンマークが一番良かったと言うこと。
英題は"Nothing is rotten in the state of Denmark..."で、詳しい内容は、http://news.yahoo.com/s/nm/20060728/od_nm/happy_dcに、アクセスすべし!
それにしても第2位スイス、第3位オーストリア、第4位アイスランド、第5位バハマという順位の中で、アメリカが23位、イギリスが41位、ドイツが35位、フランスが62位。さらに中国が82位で日本が90位というのはどう思いますか?

rotten:(INFORMAL) if someone is rotten, they are unpleasant, unkind, or dishonest
analytical: using scientic analysis to examine something
provision: when you provide something that someone needs now or in the future
collectivism: a political system in which all businesses, farms etc are owned by the government
well-being: the well-being of a country is the state in which it is strong and doing well
outcome: the final result of a meeting, discussion, war etc - used especially when no one knows what it will be until it actually happens (=result)

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/19 23:36 】 | サークル | コメント(2) | トラックバック(0)
ハワイへの旅のしかた - Part4
確か前回までにワイキキ辺りの通りのブックスタンドでフリーペーパーを入手することをお勧めした。そこでリンクを張ったサイトは何れも英字のフリーペーパーだったが、勿論最近では日本語で印刷されたフリーペーパーの数も大変増えた。
http://www.hawaii-ai.com/
当然こういう冊子に広告を載せるクーポン券付きのレストランには、日本語が出来る店員がいるはずだ。こういう冊子をうまく使えば初めてハワイを旅する人も、日本を経つ前から三食全てセットになったパッケージツアーを申し込まなくても充分に楽しめるはずだ。
次にオプショナルツアーだ。これも値段が高い順に並べるならば、1.パッケージツアーに全ての日程が組み込まれたツアー、2.パッケージツアーのカタログ或いは旅程表とセットでオプショナルツアーの料金表が添付されるツアー、3.インターネットで出発前に申し込めて現地にカウンターを持っているオプショナルツアー会社
http://www.alan1.net/jp/hawaii/oahu/?af_id=97479
http://www.hawaiijapan.com/
http://www.yamanekotravel.com/
4.3.のツアー会社がカウンターを設けているワイキキビーチコマーの2Fに足を運び値段を比較して安いところで申し込む、5.フリーペーパーの広告で値段を比較して電話で申し込む、6.ホテルのフロント付近にあるコンシェルジュで英語で相談して申し込む。(日本語のガイドは付かないが料金は安い。)

Lounge


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING


【2006/08/18 22:53 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
Voice of America on August 10th. 2006
ニュースを英文で読んで英語を勉強でき、そのニュースを音声で聞いて英語が勉強できる、一度で二度美味しいサイト"Voice of America"から今日は、アラスカでも油田事業がパイプラインからの油漏れが発覚し一時的に中断して、アメリカ本国へのエネルギー供給の減少から価格に影響して市況を不安定にし、原油税しか税収の道がないアラスカ州では職員の採用も見合わせると言う混乱を引き起こしているという話題を紹介!
事故が起きたのは英国資本のBP一社だが、アラスカ原油における同社の占める割合は47%もあり、アラスカ州では原油漏洩に関する調査を開始した。
英題は"Oil Flow From Prudhoe Bay May Take Months to Return to Normal"で、詳しい内容は、http://www.voanews.com/specialenglish/2006-08-10-voa2.cfmにアクセスすべし!

Alaska Crude


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/08/16 23:29 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
American joke - 運転の仕返しは料理で。
職場の同僚で日米ハーフのM女史(既婚管理職)が、アメリカ在住のお姉さんから時折送ってもらう、ちょっぴり辛口のジョークをご紹介!

A wife was making a breakfast of fried eggs for her husband. Suddenly, her husband burst into the kitchen.

"Careful," he said, "CAREFUL! Put in some more butter!

Oh my GOD! You're cooking too many at once. TOO MANY! Turn them! TURN THEM NOW! We need more butter.

Oh my GOD! WHERE are we going to get MORE BUTTER? They're going to STICK! Careful . CAREFUL! I said be CAREFUL!

You NEVER listen to me when you're cooking! Never! Turn them! Hurry up! Are you CRAZY? Have you LOST your mind? Don't forget to salt them. You know you always forget to salt them. Use the salt. USE THE SALT! THE SALT!"

The wife stared at him. "What in the world is wrong with you? You think I don't know how to fry a couple of eggs?"

The husband calmly replied, "I wanted to show you what it feels like when I m driving."

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/15 21:49 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
Toastmasters Club
今の仕事に転じる前の前の会社でのこと。半導体や電子部品の輸出入を手がける商社で日常茶飯事に海外のメーカが来訪して、突然のように召集されて英語の会議に参加させられたり、プレゼンテーションのサポート(来場客向け通訳)や来日技術者の送迎から商談を含めた飲み会まで休む間もなく英語で交渉しつつ、本来の業務である技術的な資料やカタログ・マニュアル・製品パッケージ・操作説明書・ホームページ・海外の規格審査機関への提出資料や契約書の翻訳まで、リゲインのCFのように24時間英語で戦っていた。
そういう中でも社員の英語向上への意識は高く、経営層に向かって商社と言う多忙な業務の中で英会話教室に通う時間も見出せず、社内に講師を招いて教室を開くよう要望し続けて、ようやく数年後実現した。
私は5段階ほどにレベル別で分けた最上級のクラスのリーダーに任命され、カナダ人講師のHowardとクラスの進め方などで熱く語り合ったものだったが、程なく私には別の外資系医療機器メーカからヘッドハントの声がかかり退職することになった。
その時個人的にHowardのオフィスを訪ねお別れを告げたら、彼が紹介してくれたのが"Toastmasters club"である。彼自身もカナダで用心棒みたいな生活に決別してきちんとした仕事に就こうとした時に、地元のclubに通って英語を勉強しなおしたと言う。
日本でも各地で開催されている。元々はボランティアでスピーチやプレゼンテーション力を付けるために教えあうもので、私も随分これで人前で英語で説明する力が付いた。
先週の土曜日の夜に通っているNative指導のDebateでImpromptu speachを行った。テーマをくじ引きして即興で40秒~1分20秒間で自分の意見を発表するもので大変緊張したが、Toastmasters clubでの勉強を思い出して何とか切り抜けた。でもこれは咄嗟の発言に役立ちそうだ。

impromptu:done or said without any preparation or planning

http://www.toastmasters.org/

ToastmastersClub


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/08/14 22:49 】 | 教育 | コメント(2) | トラックバック(0)
日曜日の朝の雰囲気って好きです!
今日は世間ではお盆休みの日曜日です。久し振りに英語とは全く関係のない私事を書いて見たいと思います。

確か中学生の頃か高校時代位からでしょうか、私は日曜日の朝の街中の雰囲気が好きです。何故か、というと普段では見かけない街がまだ目覚めていない状態を明るい日差しの中で見ることが出来るからです。
高校3年の終わり頃や浪人時代に日曜日の朝、普通の休日よりも少しだけ早起きして生まれ育った地方では一番の繁華街を抜けて、模擬試験の会場や予備校に歩を進めると、明るい日差しの中に夜の繁華街を観ることが出来ます。いつも夜の帰宅時に見る光景とは全く異なるんですね。

平日は6時頃に起床している私は、今朝は普段よりは1時間半ほど遅く目覚めましたが、朝食前に近くの川沿いを散歩しようと外に出て見ると、案の定町はまだ眠りから覚めていませんでした。
お盆休みに入り都内では行き交う車の数も少なく、鳥がさえずり、そんな中を夏休み中のクラブ活動なのか、近所の高校生位の女の子が自転車に乗って颯爽と出掛けるのに遭遇しました。彼女も高校時代の私と同じような気持ちでいるのかな?そんな事を考えつつ川面を泳ぐ水鳥を眺めながら散歩を続けると、まだ暑さが始まる時間より早かったせいか、心地よい風が頬をなでるのでした。
皆さんも、たまには日曜日の朝、いつもより早起きして散歩して見ませんか?平日の朝と違って出勤すると言う目的に縛られず、何か得した気分に浸れると思いますよ!

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/13 14:25 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
本日の英会話サークルより!
本日は丁度サークル開始の時刻と突然の集中豪雨と激しい雷が重なってしまい、途中で雨宿りしていた方、それを予想して開始時刻よりかなり早く到着された方と悲喜こもごもだった。そんな中今日は男女各1名ずつの初回見学者を交え熱心な英語学習に取り組んだ。
本日の「ニュースを読む」の記事で取り上げた内容は、マレーシアで20年間以上も政権を担っていた、かつての首相が政権交代後は後継者とソリは合わずかつて経験したビジネスの世界に戻り、日本の企業と合弁で日本式のパン屋さんを展開し始めた、という話。
英題は"Former prime minister runs a bakery"で、詳しい内容は、http://news.yahoo.com/s/nm/20060727/od_nm/malaysia_mahathir_dcにアクセスすべし!

outspoken:expressing your opinions honestly and directly, even when doing this might annoy some people:
embroil:to involve someone or something in a difficult situation
row:a situation in which people disagree strongly about importantpublic matters [= controversy]
venture: [countable] a new business activity that involves taking risks
loaf: [countable] bread that is shaped and baked in one piece and can be cut into SLICEs:
pastry:a mixture of flour, butter, and milk or water, used to make the outer part of baked foods such as PIEs
hand: try your hand at (doing) something to try to do something you have not tried before:
stake: COMPANY/BUSINESS if you have a stake in a business, you
have INVESTed money in it
consolidate: to combine things in order to make them more effective or easier to deal with:

Johan


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/08/12 19:41 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
Strange real stories - Part 3.
In 1925 a man in Folkestone, England was pouring beer into a glass. Suddenly he saw a snake's head coming out of the bottle. The snake was 40cm long. Fortunetaly it was dead.

In 1928 John Finch of Mount Vernon, Washington, fell asleep on a railway line. A train went over him, and cut off a piece of his hat with its wheels. He didn't wake up. The railway workers had to wake him. He knew nothing about the train.

Christina Witlund was a rich woman. She died in Sweden in 1914. She was 93 years old. 75 years earlier she was engaged to an officer in the Royal Guards. He married another woman. Christina never left her house after that. She lived in the dark, with blinds over all the windows. She didn't want to see a man again for rest of her life. She didn't.

Odd news


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/08/10 22:15 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
Voice of America on August 7th. 2006
ニュースを英文で読んで英語が勉強でき、さらにそれを音声で聞いて英語が勉強できる、一度で二度美味しいサイトVoice of Americaから、今日は、アメリカの医療研究所が数多くのお年寄りの食生活と眼疾の関係を調査したところ、魚を沢山食べてタバコを余りすわないお年よりは、そうでない人に比べて網膜の黄斑変性症の発症率が低かった、というニュースを紹介したい。
英題は"More Fish, Less Tobacco Could Lower Risk of Blindness in Older People"で、詳しくはhttp://www.voanews.com/specialenglish/2006-08-07-voa1.cfmに、アクセスすべし!

degeneration:to become worse
macula:a yellowish central area of the retina that is rich in cones and that mediates clear detailed vision
infirmary:a room in a school or other institution where people can get medical treatment
ophthalmology:the study of the eyes and diseases that affect them
omega-three fatty acid:Any of several polyunsaturated fatty acids found in leafy green vegetables, vegetable oils, and fish such as salmon and mackerel, capable of reducing serum cholesterol levels and having anticoagulant properties.
mackerel:a sea fish that has oily flesh and a strong taste:
flax:a plant with blue flowers, used for making cloth and oil
walnut:a nut that you can eat, shaped like a human brain:

Eye doctor


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING



【2006/08/09 22:32 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
Life cycles
Rainy season went on and on. More than a dozen people died in floods and landslides.
The government is planning to use a super-smart computer to make 30-years weather forecasts for global warming.
Parts of the Shiretoko Peninsula have become inundated with tourists since the remote area of Hokkaido was added to UNESCO's World Heritage list, according to The Japan Times. Locals are grumbling about human traffic jams, mountains of litter and having nowhere to park.
"Soapland" brothels in Shiga Prefecture are concerned after the election of an environmentally friendly, female governor, according to a Shukan Shincho report in the Mainichi Daily News. The brothels fear she may crack down on them for wasting too much water.
Honda is reducing the electricity bills of its vast US factories by making ice at night and using it for air-conditioning during the day.
Sharp has invented a solar panel that is twice as effective as current models.
A very small plane flew 391m powered by 160AA batteries, like the ones in your TV remote.
A cyclist died after he was hit by three cars while going the wrong way down an expressway.

inundate:be inundated (with/by something) to receive so much of something that you cannot easily deal with it all [= swamp]:
grumble:to keep complaining in an unhappy way [= moan]
brothel:a house where men pay to have sex with prostitutes

Weather map


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/08/08 22:26 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
American joke - 類は友を呼ぶ(仮病もココまで来れば!)
我が同僚で日米ハーフのM女史(既婚管理職)、ようやく選抜職員や希望会員のアメリカの大学での研修旅行の引率のための出張から昨日夕方帰国し、今日はもう出社していた。さすがに暑さと時差ぼけで今日はエンジンがかからない様子。そんな彼女のアメリカ在住のお姉さんが送ってくれる辛口のジョークの一部を今日もご紹介したい。

I urgently needed a few days off work, but I knew the Boss would not allow me to take a leave. I thought that maybe if I acted "CRAZY" then he would tell me to take a few days off.
So I hung upside down from the ceiling and made funny noises.

My co-worker asked me what I was doing? I told her that I was pretending to be a light bulb so that the Boss would think I was "CRAZY" and give me a few days off.

A few minutes later the Boss came into the office and asked "What are you doing?" I told him I was a light bulb. He said "You are clearly stressed out. Go home and recuperate for a couple of days."

I jumped down and walked out of the office. When my co-worker followed me, the Boss said to her, "And where do you think you're going?"

She said, "I'm obviously going home too, I can't work in the dark!"

recuperate:to get better again after an illness or injury [= recover]

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING


【2006/08/07 22:38 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
ハワイへの旅のしかた - Part3
「笑顔のおもてなし」と言う言葉が日本にもあるが、ハワイに出掛けた経験がある人は誰しも改めてこの言葉の意味を考えさせられるに違いない。ハワイの原住民に近い血を持った人たちは日本の相撲界で活躍した同胞達を髣髴させられるが如く、大変立派な体型の人ばかりだが、どの人もあの小錦関のような愛嬌のある笑顔で会釈してくれる。
お互いの母国語は違っていても、何も特殊な技能を持っていない人でさえ笑顔で応対すると言う基本的な態度は示すことが出来る。ハワイの人たちにはそれが自然と身についているように感じる。それに比べて日本人観光客はどうだろうか?恐らく多くの日本人達は楽しいハワイに居てさえ、眉間にしわを寄せて難しい表情を作り出し、先方が声をかけてきても愛想笑いを受けべるのも勿体無い、と言わんばかりにムッツリしているケースに多々遭遇する。
ハワイに着いた瞬間に英語に切り替えるのは非常に困難だが、最低限度でもこんな挨拶用語がぱっと出るように繰り返し練習しておいて、笑顔で答えるようにしたいものである。

<すぐ使いたい挨拶用語>
Excuse me!(申し訳なくない場合でも、ちょっと呼びかける場合にも使える重宝する表現だ。)
Hi !(こんにちは、チワーっ的な軽い挨拶に使える。)
Good morning! Good afternoon! Good evening!
Thank you!

さて前回の続きとしてシャトルバスでホテルに着いたなら、フロントでチェックインが可能か確認し出来れば荷物を部屋に運び込み、出来なければ荷物をフロントに預けて街に出てみる。
街に出たら通りにあるスタンドでフリーペーパーを手当たり次第入手する。これは食事どころやオプショナルツアーのクーポン券が着いているので滞在中には大変役立つ。http://www.spotlighthawaii.com/
http://www.thisweek.com/

次に近くのスーパーマーケットで飲料水や洗濯等に必要なモノを買い集める。ついでにお昼ご飯も買ってくると丁度よい時間になるはずである。どうせなら日本で余り見かけないチェーン店を選んでみると余り馴染みのないモノが食べられて面白い。私のお気に入りはバーガー・キングというハンバーガー店。ハワイではマクドナルドよりもポピュラーだ。">Burger 


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/06 20:31 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
本日の英会話サークルより!
本日は昨日から引き続いて猛暑の中、熱心なメンバーが集まって熱心に英語の学習をした。しかも運の悪いことに本日の会場はエアコンが故障していて、通路は涼しいものの会議室は蒸し風呂状態。
そんな中で扇風機を集会所からお借りして窓を開け放って行ったが、通路のエアコンの風を入れようと思ってドアーを開けたら、隣の部屋で会合をしているおばあさん達の騒ぎ声がうるさくて、ディクテーションの音声が聞き取りづらく、汗をたっぷりかきながらのサークル活動だった。
本日の「ニュースを読む」のコーナーで取り上げた話題は、ジンギス・カンがルネッサンス時代を切り開いたマルチタレントな人物として中国で見直されている、という話題。
英題は"Genghis Khan, Renaissance guy..."で、詳しい内容は、http://go.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=oddlyEnoughNews&storyID=12907323にアクセスすべし!

Renaissance guy: a man or woman who can do many things well, such as writing and painting, and who knows a lot about many different subjects
notorious: famous or well-known for something bad (=infamous)
ruthless: so determined to get what you want that you do not care if you have to hurt other people in order to do it
bloodthirsty: eager to kill and wound, or enjoying killing and violence
span: to include all of a particular space or area
liberate: to free someone from feelings or conditions that make their life unhappy or difficult
theology: a particular system of religious beliefs and ideas
expedition: a long and carefully organized journey, especially to a dangerous or unfamiliar place, or the people that make this journey
catalyist: something or someone that causes an important change or event to happen
contiguous:(formal) next to something, or next to each other
tribe: a social group consisting of people of the same race who have the same beliefs, customs, languages etc, and usually live in one particular area ruled by their leader
commemorate: to do something to show that you remember and respect someone important or an important event in the past
contention:(formal) a strong opinion that someone expresses

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/06 00:00 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
From business English - Part20
誰しも海外への移動中や滞在中には体調不良には陥りたくはないもの。かくいう私も移動の飛行機内で具合が悪くなったことはないが、行きの飛行機でガマンしていたらアメリカに着いた後に、どうにもならない状態に陥り宿泊先近くのクリニックに駆け込んだ経験がある。
ある程度英語を勉強している人間でも病状を伝えると言うのは大変難しいものである。今回は飛行機の中で具合が悪くなった時の対処法をビジネス英語として学ぶ機会が会った。
身内の話になるが、我が娘は飛行機酔いがひどくて小さい頃に大人になったら何になりたいの?と尋ねたらスチュワーデスの女医さん!と子供らしいことをのたまっていた。今では娘も思い出しては笑い飛ばしているが、本当に具合が悪くなった人にとっては有り難い存在に違いない。
以前私が勤務していた半導体関連の輸出入商社にいた、ある営業部長は全く英語の出来ない人で、東南アジアを出張中に腹痛を飛行機内で起こし、幸い香港の英語達者な支店長が随行していたので、機内で医者を探してもらって診察を受けられたが、医師の"Where do you have a pain ?"という問いに胸のポケットからペンを取り出した。というpainとpenの聞き違えと言う古風なギャグをジョーク好きな香港支店長から聞かされたが、私は多分香港支店長の作り話だと思う。何故なら営業部長氏の英語力ではpenすら聞き取れないと思うからである(笑)!

cardiac arrest:Sudden cessation of heartbeat and cardiac function, resulting in the loss of effective circulation.
defibrillator: machine that gives the heart an electric shock to make it start beating again after a heart attack
landing strip:An aircraft runway without airport facilities. Also called airstrip.
keep one's lips zipped:keep silent,keep one's lip buttoned
spell out:To make perfectly clear and understandable:

"Make yourself necessary to somebody." - Ralph Waldo Emerson (U.S. philosopher, poet and essayist, 1803 - 1882)

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/04 22:10 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
Voice of America on July 30th. 2006
ニュースを英文で読んで英語が勉強でき、さらにそれを音声で聞いて英語が勉強できる、一度で二度美味しいサイト"Voice of America"から、今日は発展途上国でリサイクル金属が新たな価値を生み出している、というタマには本当に固い話題を紹介(笑)!
英題は"Recycling Scrap Metal Into Money" 金属を回収して再利用すると言う方法は既に数百年もの間、人間社会で行われているが、今でも3つの種類においてとりわけ発展途上国で仕事を供給している。即ち含鉄金属、非鉄金属そして貴金属である。
詳しい内容は、http://www.voanews.com/specialenglish/2006-07-30-voa1.cfm

ferrous:(technical) containing or related to iron:
blast furnace:a large industrial structure in which iron is separated from the rock that surrounds it
tin:a soft silver-white metal that is often used to cover and protect iron and steel. It is a chemical element: symbol Sn:
foundry:a place where metals are melted and poured into moulds (=hollow shapes) to make parts for machines, tools etc:

Pig-Iron


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/02 23:32 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
Strange real stories - Part 2.
Oh really some prefer nettles!

1.George Ives was an English writer. For 58 years he studied the newspaper and cut out strange and unusual stories and put them into scrapbooks. Between 1892 and 1950 he filled 45 scrapbooks (6000 pages) with these 'cuttings' from newspapers. In 1980 a collection of the strangest and funniest stories appeared: Man Bites Man. Here are some of stories.

2.In 1931 in South Australia millions of mice invaded towns along the Trans-Australian Railway. They ate furniture and bedclothes, and in the town of Loongana they invaded the railway station and ate £100 in one-pound notes.

3.In 1931 in Italy, a goat was born with two heads. It was very greedy, and ate with both heads. It died because it ate too much !

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/08/01 22:09 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。