スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
American joke - げに恐ろしきは暴走姉ちゃん!?
A young girl (18ish) walks into a prestige car sales room. Looks around at all the Porsches, Lamborghini's, Jags etc., and says to the salesman "Can I have the red one?" - a top of the range Porsche. "I'll pay cash!" and starts taking handfuls of bills out of a carrier bag until she gets to the right price.

The deal is finalized very quickly and the girl drives it away. She is back two days later and says, "I want my money back...it smells awfully bad when I use the brakes," she states emphatically. Not wanting to lose the sale (having taken cash and fiddled the books) the manager decides to ride in the car with her in case she is not driving it properly'.

He gets in and she roars out of the dealer- ship, drops it into second gear at 55 mph, floors the pedal again and slips into 3rd at 80 mph does a handbrake turn into a country lane and then really starts to accelerate.


At 120 mph she shifts into 4th gear; at 145 mph she goes into 5th gear. The engine is screaming, trying to leap out of the hood when it reaches 170 mph. The scenery is a green blur and the G-force has him pinned in the seat.

In the distance, to his relief, the barriers of a train crossing are beginning to come down and she will have to slow down. Instead the pitch of the engine increases!

100 yards from the crossing she slams on the brakes and the car comes to a screeching halt mere inches from the barrier.

"Can you smell it?" she says.

"SMELL IT? I'M SITTING IN IT!"

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
スポンサーサイト
【2006/04/30 18:53 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
本日の英会話サークルより!
桜の季節が過ぎたと思ったら今度はつつじが、その艶やかな姿を競う季節になった。近くの川沿いを散歩すれば菜の花に混じって白に薄いピンクの名も知らぬ草花まで咲いて心を和ませてくれる。
そんな春の情景を楽しみながら今日のサークル会場に向かって歩を進めていたら、突然のにわか雨が降ってきた。会場まで後5分の所だった。幸い傘は持っていたがやはり気持ちを削がれる部分はある。
会場の区民集会所は祭日のせいか駐輪場入り口の鎖が上がったままで、ひょっとして今日は休館日なのかな?と少々不安に陥った。
今日の「ニュースを読む」ではイギリスのダイアナ妃の結婚式のドレスや、女優のエリザベス・テーラー等の衣装をデザインしたことで著名なデザイナーが1997年に自分のブランドが倒産しそうになって、他の会社に売却したのに、いざ売却先が軌道に乗り始めたら消費者が自分がタッチしていないのに自分がデザインしたと勘違いして、そのブランドの衣服を買うのは詐欺だ、とライセンスを返すように訴えた裁判の話。
EUの発展とともにEU国間をまたぐ経済的な事件に対する裁判を取り扱うヨーロッパ裁判所の最高裁がルクセンブルグにある事を初めて知った(笑)!

on the brink of: a time or situation just before something happens, especially something bad
garment: a piece of clothing
deceit: behaviour that is intended to make someone believe that is not true
fraudulent: intended to deceive people in an illegal way, in order to gain money, power etc.

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING
【2006/04/29 22:58 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
Izakaya party at Chitose Karasuyama
I had a drinking party at an Izakaya in Chitose-Karasuyama with some foreign friends and Japanese guys.
Since Ms. Gorden left former high school and moved to a high level high school, so we had been planning her farewell party.
And she was exhausted at the new high school as she has been working 12 hours a day. The students have higher ability than former schools' students. And school demends her very high quality English. The students have to take the TOEFL test.

So she has gotten a very huge mental strain. And she wanted to escape from this stressful life.
Thus we gathered at an Izakaya and enjoyed talking a stupid Japanese educational system and drunk too much.
I took a photo of her and Chris an alternative teacher of her.
Totally 16 persons gathered and had a funny time.
Two American men and one American woman and one New Zealander man and one Singaporean woman and two Japanese men and six Japanese women and three Japanese girl students painted the town red.

What we do in common was just speaking English.

Kana & Chris

【2006/04/28 23:49 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
日本人の英語学習に必要なこと!Part1
本当に一生懸命になって、これが一番ですよ。これで上達しました。とこちらが幾ら教えても聞き入れてくれないことにはどうにもならない。

日本に居ながらにして英語の力を身につけて上達するには戦略(TACTICS)が必要である。
前提条件として、まずは、
1.中学で学ぶ英語を完全にマスターしていること。
- 意外とこれすら出来ていない人が多い。文法的な部分でも中学の三年間で学習する内容はかなり豊富で、それだけでも普段海外で生活する分には何も困らないし、ここを押さえておかないと恥をかくだけだ。
2.その上でプラスαの力を付ける為の自分の趣味を見つける
- 例えば映画が好きな人は映画を見ながら表現法や会話の聞き取りを訓練する。音楽が好きな人なら洋楽をCD等に合わせて歌うことで発音の練習をする。スポーツ好きの人はスポーツのTV中継で聞き取りの練習をする。
3.発音の練習のために音読で英語の筋肉を鍛える。
- 日本人は日本語的発声法に慣らされているために、いざ英語を喋ろうとしても舌や口の動きが付いていけないのである。発音練習の方法や発音改善のポイントにつては次回説明(続く!)

Sleep apnea (alternatively sleep apnoea) is a sleep disorder in which breathing is interrupted during sleep. It is a kind of dyssomnia.

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/27 22:51 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
From business English - Part4
Are you with me ?: Do you listen to me ? Does it make sense ?
recipe for success: secret to success
Take it or leave it: will never accept any negotiation
figure out: to think up or to estimate
right off the bat: immediately or right after that
showdown: a meeting, argument, fight etc. that will settle a disagreement or competition that has continued for a long time

in a different light: from different angles
work journal: business diary
radical measures: drastic method
streamline: to make something such as a business, organization etc. work more simply and effectively
keep track of: follow the process of
dicker:(INFORMAL) to argue about or discuss the conditions of a sale, agreement etc.

It is a funny thing about life; if you refuse to accept anything but the best you very often get it. - W. Somerset Maugham(English writer, 1874 - 1965)

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/26 22:58 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
American joke - 桜の木を切っても叱られなかった有名人も居るけど・・・
職場の同僚Mさん(既婚女性)は日米のハーフ。アメリカ在住のお姉さんが時々JokeをMailで送ってきてくれる。今日もそんな中から一つを。

Once there was a little boy that lived in the country. They had to use an outhouse, and the little boy hated it because it was hot in the summer and cold in the winter and stank all the time. The outhouse was sitting on the bank of a creek and the boy determined that one day he would push that outhouse into the creek.

One day after a spring rain, the creek was swollen so the little boy decided today was the day to push the outhouse into the creek. So he got a large stick and started pushing. Finally, the outhouse toppled into the creek and floated away.

That night his dad told him they were going to the woodshed after supper. Knowing that meant a spanking, the little boy asked why.

The dad replied, "Someone pushed the outhouse into the creek today. It was you, wasn't it son?" The boy answered yes.
Then he thought a moment and said, "Dad, I read in school today that George Washington chopped down a cherry tree and didn't get into trouble because he told the truth."

The dad replied, "Well, son, George Washington's father wasn't in the cherry tree."

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/25 22:41 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
Iran's sitting duck - By Michael Levi
先週の金曜日、風邪かアレルギー性鼻炎の悪化か判らぬが、一本足りない私には珍しく体調不良で職場を早退してしまったら、今朝出勤してみると私のデスクの上に英字新聞が置かれていた。たまには新聞でも読めという例の日米ハーフのM女史の仕業である。
中に風刺画付の中東情勢に関する論説が書かれていた。サブタイトルはGoing nuclearとあり、細身で顔痩せの初老の男性(多分ブッシュ大統領であろう)が大きなデスクに腰掛けていて、横には二人の軍服の男性が直立不動で侍り、ブッシュの正面に立つ髪の薄い腹の出た男性は左手に"POLLS"(世論調査)とタイトルが書かれた本を抱え、右手の人差し指でブッシュの方を指差しながら、次のような吹き出しが付いている。
'A debacle in Iran could divert public attention from our debacle in Iraq!'(イランの崩壊は我々のイラクでの大失敗から民衆の関心をそらしうる)と。即ち今度はイランに核攻撃をアメリカは仕掛ける準備をしている、というのである。
論説のど真ん中に書かれている論旨は、
Flirting with the nuclear option undermines the U.S. stance against proliferation.(核兵器の選択をもてあそぶことは、米国の核拡散に対抗する姿勢を傷つけることになる。)と。やれやれ困った大統領さんである・・・。

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/24 23:38 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
Theaters may ask jam cell phones
昨日の英会話サークルにて、先々週に見学にこられて今週から入会のKさんと中堅所のSさんとは初対面。ともにかたや英国への留学経験、こなた豪州へのワーホリ経験があり、お互いの自己紹介の中で仕事に対する英語での質疑応答に盛り上がった。大いに望ましいスタイルである。
ところで昨日取り上げたニュースは観客動員が落ち込み伸び悩んでいるアメリカの映画団体が、上映中の携帯電話での通話を禁じるためにこれまで八方手を尽くしたが、もうどうにもならないので携帯に対する妨害電波を映画館内で流すことを当局に求めているという話。
テーマは短い文章の中にも二つあって、映画の最中に何で電話で話すことがあろうか、という事と、やはり洋の東西を問わず色んなメディアやインターネットが普及した中で、如何に映画業界に昔の活気を取り戻すか、ということ。
そうした中で日本では電車やバスの中でさえ心臓ペースメーカー等の医療機器への影響から携帯の電波に対して神経質になっているのに、映画館という狭いスペースの中で常時妨害電波を流すなんて、米国って何て考え方が無神経で間が抜けているのだろう、という批判も飛び出した。

jam: to deliberately prevent broadcasts or other electronic signals from being received, by broadcasting signals on yhe same wavelength
usher: someone who shows people to their seats at a theater, cinema, wedding etc.
trailer: an advertisement for a new film or television show
petition: to make a formal request to someone in authority, to a court of law, or to God

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/23 14:52 】 | サークル | コメント(2) | トラックバック(0)
今日は英語三昧の日!新しいサークル会場にて。
今日は久しぶりに朝から晩まで英語三昧の一日だった。これで風邪かアレルギーだか判らないが、その影響で体調が悪くなければ最高だったのだが・・・。
まず午前中は同じ区内にある私立のK学園女子校にてNativeの講師陣が父兄や近隣住民のオッチャン・オバチャン達に英語を教える手伝い。
続いて午後は私が主宰する英会話サークルで英語のレクチャー。
そして最後の締めは夜のNative主導によるディベートに参加!
午前中のコースが月に1・2回しか開催されていなく、また学校の年度替わりで、しばらく前回から間が空いていたので久しぶりのフルコースだった。
中でも午後のサークル活動では最近出来た初めての会場を使ってみた。正確には同名の地区会館が別所にあったのだが、多分区がオーナーから借り上げていたようで建物の老朽化に対応して立て替えを検討している模様だ。
今度の移転先は小田急線のガード下にある。AV機器を使って英語の発音練習をする我々としては、電車の通過の度にうるさくて聞き取れないのではないか?と懸念したが実際にはそれほどでもなかった。
代わりに年輩の方がスローテンポなダンスを隣室で練習なさっていたようで、その手拍子などが賑やかで、ディクテーションの際に集中できないという参加者が有ったのは少し残念だったが、これも公民館活動の長閑さで良いのでは無かろうか?

decency: the quality of being honest and polite, and respecting other people
to mind your P's and Q's: to be careful about how you behave so that you do not offend anyone
subjugate: to defeat aperson or group and make them obey you
torment: to make someone suffer lot, especially so that they feel guilty or very unhappy

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/22 22:48 】 | 英会話 | コメント(2) | トラックバック(0)
英語を丸ごと身体に吸収することの大切さ。
最近年齢のせいなのか他人の意見を、やたらと素直に受け容れられるようになってきた。少し以前は自分が周囲よりも優秀で他人の発言がバカバカしく感じて、そうじゃない絶対自分が正しいといつも力み返っていた。
ところがそういう反発心ばかりをいつも心に抱いていたら、大変精神的に疲れて早く老け込んでいくように感じ始めた。周囲の同年代の人間を見ていて特にそれを感じる。真っ白髪になったり、ツルっ禿になったりしているのは大抵は自我が強すぎるような人間ばかりである。
私自身は特に周囲に迎合するタイプの人間ではないが、素直に他人の意見を吸収する態度を英語の面にも向けるようになって飛躍的に英語力が身に付いたような気がする。
つまり英語を学校で習った形式に捕らわれて分析に走らずに、そのまんま文化的な背景から何からすんなり身体に吸収するのである。そして彼我の違いを冷静に分析して感覚を脳に染み込ませるのである。一旦そうして受け入れれば、そう簡単には忘れないし度はずれた間違いもしない。
最近ちょいと気になる番組に「新感覚☆キーワードで英会話」というTV番組がある。平日の夜11時から毎晩たった10分間の番組だが、番組進行の安良城紅は流石に自らNativeと公言するだけあって英語のノリが良い。また後半部で登場し説明する講師陣も、以前の番組でコーパスを振りかざしていた投野某とは異なり、フィーリングで英単語を理解させようとしていて面白い。是非余りこの番組を真剣に観て覚えなければ・・・などと深刻に考えずにお茶でも飲みながらリラックスして観ていただきたい。

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/21 23:11 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
From business English Part3
lean and mean:very competitive
high flyer:someone who has a lot of ability and a strong desire to be successful and is therefore expected to achieve a lot:
workforce:all the people who work in a particular country, industry, or factory
cut to the bone:if a service or an amount of money is cut to the bone, it is reduced as much as possible.
scarf down:to eat something very quickly

cold sober:not affected by a chemical substance (especially alcohol)
three-martini lunch:A leisure lunch taken with other proffessionals for the purposes of buisness. Often with clients or coworkers. 3 martini's = 3 hours.
wine and dine:to entertain someone by giving them an expensive meal and wine.
be nuts about:be crazy about
abstain:to not do something, especially something enjoyable, because you think it is bad for your health or morally wrong

"A pessimist sees the difficulty in every opportunity; an optimist sees the opportunity in every difficulty." - Sir Winston Churchill (British statesman and Prime Minister, 1874 - 1965)

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/20 23:05 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
英語のレベルとは・・・?
あの人は英語が出来るとか、あの人の英語は大したことがない。と言う言葉を
しばしば耳にするが、一体このレベルはどうやって図るべきだろうか?
勿論英語という言語一つをとってもいろんな要素がある。最も典型的な尺度としては所謂四要素(読む・書く・聞く・話す)の運用能力である。
中でもボキャブラリーが豊富なことは何よりの武器である。何故ならば英語圏で生活していく上で、イチイチ辞書を調べなくても済むからである。
それでは一体何語くらい頭に入っていれば生活に支障がないだろうか?一般的には最低限でも12000語程度は必要だと言われている。
しかしながら日本語における漢字と同様に、実際に読んだり聞いたりして意味が分かる数と、意識的に書いたり話したりするときに使える数では大きな隔たりがあって当然である。
私は言語の操作能力という面から人の英語レベルを語るときに欠かせない要素は、如何に難しいことを簡単に説明できるか、という点も重要だと思う。
TAKEやGETという単語だけで辞書では何ページも割いて説明が施されているが実際に全てを正しく使いこなせるノンネイティブは稀だろう。
ここに紹介する辞書は大変特徴のある英英辞典である。何と全ての説明文が基本的な2200語以内で書かれているのである。従って判らない単語をひいて、さらに書かれている中に判らない単語があって調べている内に元の説明を忘れてしまうと言う、あの英英辞典特有のジレンマを感じなくて済む。
さらに中身は実際の生活の場面に則してカラー絵による説明が豊富で、結構楽しめるし、TOEIC対策のCDまで付いていて便利である。

Advanced American English Dictionary


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/19 22:57 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
American Joke 道路標識の数字の意味は・・・?
職場の同僚のMさん(既婚女性)は日米のクォーター。アメリカ在住のお姉さんがメールで送ってくれるジョークの一つをご紹介!

A state police officer observed a car puttering along the highway at only 22 m.p.h. He turned on his lights and pulled the car over. Approaching the vehicle, he noticed that it contained five old ladies, two in the front seat and three in the back, and that all the old ladies were wide-eyed and white as ghosts.

The driver, obviously confused, said,
"Officer, I don't understand. I was going exactly the speed limit. What's the problem?"

"Ma'am," the officer replied.
"You weren't speeding, but you should know that driving slower than the speed limit can also be a danger to other drivers."

"Slower than the speed limit? I'm following the posted speed exactly!"

The officer, trying to contain a chuckle, explained "22" was the route number, not the speed limit. Embarrassed, the woman smiled and thanked him for pointing out her error.

Before letting her go, however, the officer asked,
"Is everyone in the car okay? Those women seem awfully shaken, and they haven't made a peep this whole time."

"Oh, they'll be all right in a minute, officer. We just got off Route 119."

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/18 22:20 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
From business English - Part 2
be on one's toes: to keep that that someone is ready for anything that might happen
back-to-back: one after the other
drive someone nuts: make someone crazy
chomp dpwn: to bite food loudly
stockbroker: someone whose job is to buy and sel stocks, bonds etc. for other people
nerve-racking(nerve-wracking): a nerve-racking situation makes you feel very nervous or worried:
get a kick out of: to enjoy doing something very much
frantic: extremely hurried and using a lot of energy, but not very organized
power breakfast: a meeting of influential people to conduct business while eating breakfast
laid-down: relaxed
tuck away: eat up; usually refers to a considerable quantity of food; "My son tucked in a whole pizza"

Hope for the best. Expect the worst. Life is a play. We're un-rehearsed. - Mel Brooks (U.S. film maker, comedian, 1926 -)

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/17 23:00 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
英国英語と豪州英語!
昨日のサークル活動において「ニュースを読む」のコーナーで取り上げた記事は、オーストラリアの観光局が作成してキャンペーンを展開している広告のキャッチフレーズが、余りに神をも恐れぬ忌まわしい表現だ、と言う事で英国のTV広告監視局からマッタがかかっていたが、このほどこの規制を英国サイドが見直すことにした、という内容だった。
文面から読み取れる事は英国側の保守的な考え方から言えば、そんな忌まわしい表現が許されるのなら、オーストラリア人たちは呪いの言葉をどう使い分けるのか?TV広告と怨念の言葉と同じじゃダメでしょう。といった立場で一方のオーストラリア側は今時この位の表現は日常的に他のコマーシャルでも使ってるじゃん、てな感じだ。
ずっと以前にアメリカの有名なロックミュージシャンがコンサートの為にオーストラリアに渡ったが、オーストラリア人の英語を馬鹿にして差別的な発言をしたために入国拒否された。という騒ぎがあった。
実際にはオーストラリア英語の訛りとされる部分の大半は、その源である英国で今でも使われており基本的にはオーストラリア英語とイギリス英語は同じはずである。
一方のアメリカの場合は既に英国英語の単語の意味も知らない人が多く、むしろ日本人の方が英国英語に馴染んでいる程、独自の言語として発展しており、先のロックミュージシャンの発言も実は自分の祖先であるイギリス人を馬鹿にしたともいえるのである。
今回は基本が同じであるはずの英国英語と豪州英語での表現を巡る争いだけに興味深いが、反面言語は言語単独で意味合いや違いを語ることはできず、結局は宗教や文化的な背景に大きく左右されることも今回の事件からわかるのである。

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/16 15:40 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
本日の英会話サークル活動より
本日は週に一度の英会話サークルの日だった。先週のように新規見学者2名と言う賑わいはなかったが、常連さん達の活発な質疑応答で賑わった。
自分の仕事の関係で今日の開催については微妙だったが、幸い若干肌寒さは感じる物の好天に恵まれ、楽しい雰囲気の2時間半だった。

今日の活動の中からお役立ち表現をピックアップ!
risque: a joke, remark etc that is risque is slightly shocking, because it is about sex/ Suggestive of or bordering on indelicacy or impropriety
censor: to examine books, films, letters etc to remove anything that is concerned offensive, morally harmful, or politically dangerous etc.
clad: wearing a particular kind of clothing

On the busines phone call:
1. Would you mind telling her that I called ?
2. Could you please tell her that I'll call back later ?

↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/15 22:09 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
英語学習における地方出身者の優位点!
私が九州の大学を卒業して就職のタメに上京してきた今から25年前は余り九州出身者の比率が東京で低かったのか、自分の話す言葉を正確に聞き取ってもらえずに苦労した思い出がある。
その当時は余り英語も出来ずに東京の人が喋る英語が最も正しい発音に近くて、同郷の人間が話す英語は訛っているように感じていた。
その時約10年間東京で仕事をした後、家庭の事情で一旦九州に戻って転職し、そこで約8年間勤務して再び仕事の関係で上京したが、その間に芸能人などでも九州出身者が加速度的に増加したせいか、気付けば自分が喋る日本語を聞き取ってもらえない苦労はしなくて済む様になった。
と同時に英語を本格的に仕事でも使うようになって気づいた事は、東京の人が喋る英語が必ずしも正しい発音ではない、と言う事である。しかも東京出身者は日本全国何処に行っても自分の言葉が通じない経験をしていない。
これは海外の人たちと一緒に仕事をする上では大きなハンディキャップである。こちとら少しぐらいイントネーションやアクセントが可笑しくて変な顔をされるくらい慣れっこなので、すぐに変化をつけて相手に聞き取りやすく調整することも普通に出来るからである。

↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/14 23:46 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
From Business English - Part 1
assignment: 1 [uncountable and countable] a piece of work that is given to someone as part of their job
high-caliber: 1 [uncountable] the level of quality or ability that someone or something has achieved of somebody's calibre
Where will we find another man of his calibre?
The school attracts a high calibre of student.
severance pay:money or other things that you get when you have to leave a company because your employer no longer has a job for you

'I am learning all the time, The tombstone will be my diploma.'
- Eartha Kitt(U.S. jazz/pop singer, 1928 - )

↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/13 23:28 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
日本語の学習法に見る言語学習法!
日本で生活する外国人にとっても日本語の難解さは我々が英語学習に四苦八苦する以上に死活問題だ。
たまに新宿に出て紀伊国屋書店の洋書コーナーを覗くと、入り口付近に山と詰まれた日本語の参考書や問題集があり、外国人たちが熱心に見入っている。
先日通勤時に電車の中で横に座った白人の紳士が、おもむろにカバンから取り出したのが、その類の日本語の参考書だった。
ページの初めの方で彼が熱心に読んでいたのは、漢字の仕組みや成り立ちで如何にモノや動物の形から変化したか等が説明されていた。
確かに漢字は漢字圏以外の人たちにとっては難解極まりない物であり、これに興味を持って取り組む事は大切かも知れない、と思った。
ところが問題はその後である。彼が続けて読み始めた部分には日本語の文法がクダクダと書かれていて横で覗き見しているネイティブの私にとってもチンプンカンプンの内容なのである。
以前にNHK教育か何かのTV番組で小林克也氏が外人に日本語を教えていたが、これがまた文法的解説のオンパレードで日本人でさえ解説の意味が理解できないほどなのである。
電車の中でも隣で見ていて余程「そんなこと勉強しないでもっと文例を沢山覚えて応用した方が早く身に付くよ」と喉まで出掛かるほどだった。日本人の英語学習にも同じ事が言えるのではなかろうか?

↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/12 23:01 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
American joke - 三人の男達それぞれの職業意識!?
これも職場の同僚で日米ハーフのMさん(既婚女性)が、米国在住のお姉さんからメールで送ってもらった笑い話。

Three men: a project manager, a software engineer, and a hardware engineer are in Ft. Lauderdale for a two-week period helping out on a project.

About midweek they decide to walk up and down the beach during their lunch hour. Halfway up the beach, they stumbled upon a lamp. As they rub the lamp a genie appears and says "Normally I would grant you 3 wishes, but since there are 3 of you, I will grant you each one wish."

The hardware engineer went first. "I would like to spend the rest of my life living in a huge house in St. Thomas, with no money worries and surrounded by beautiful women who worship me." The genie granted him his wish and sent him on off to St. Thomas.

The software engineer went next. "I would like to spend the rest of my life living on a huge yacht cruising the Mediterranean, with no money worries and surrounded by beautiful women who worship me." The genie granted him his wish and sent him off to the Mediterranean.

Last, but not least, it was the project manager's turn. "And what would your wish be?" asked the genie.

"I want them both back after lunch" replied the project manager.

↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/11 22:06 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
35歳過ぎてからの英語学習法!
私自身44歳を過ぎてから本格的に仕事で英語を使うようになり、英語学習を再開したから言えることだが、どんなに若い脳みその持ち主と言えども35歳を過ぎたら、10代の頃の学習方法では身に付かないということである。
よく一つの教材を飽きもせずに覚えるまで止めないとか、机に噛り付いて一生懸命辞書を片手に翻訳している人が居る。さらに単語帳などを作って単語を棒暗記するような暴挙に出る人も居る(笑)!
果たしてそれらにどれだけの効果があるというのだろうか?私はきっぱり効果なしと言いたい。はっきり言ってある年齢を過ぎると覚える先に忘れていくのだ。まさにざるで水を汲むが如しである。10代の頃の真綿が水を吸収するが如しとは正反対なのである。
ならば、そういう学習をすれば良いか?まずは自分が面白そうだな、と思う本や新聞を沢山読むのである。判らない単語はさっと辞書で引いて余り時間をかけず短時間で大量に読むのである。つまりこぼれる前に次の水を汲んで溜めるのである。
次は自分の身の回りにあるありとあらゆる事柄を英作文で表現する訓練をするのである。それも短時間で大量にする。慣れてきたらイチイチ紙に書かなくて頭の中で構文するのである。そうすれば咄嗟に英語が口を付いて出るようになる。
要はどれだけ切羽詰って必要に感じて英語に取り組むか、である。厳しいようだが例えば65歳過ぎて、ちょいと趣味で英語くらい嗜みたいとか思いついて始めても絶対に身に付かない。年を取れば取るほど時間との戦いと言う事をしっかり認識すべきである。

↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/10 22:43 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
ジョギングを始めました。
飼い犬が亡くなり彼の生前に平日の朝と休日の夕方に散歩係を担当していた私は、やることがなくなって運動不足になることを懸念してジョギングを始めた。正確には再開した。
時期について正確な記憶はないが、たぶん2001年位までは週末は必ず平日も天気の良い日は夜帰宅後に結構走り込んでいた。しかし1998年頃に股関節痛を患ってからは止めたり始めたりを繰り返している。
さすがに数年間のブランクは筋力の衰えを伴い、気持ちばかりが先走って足が付いていかない状態が続いている。
英語にしても同じような事が言える。NHKのラジオ英会話の講師を担当なさっている岩村圭南先生がいつも仰っているように、英語を喋る筋肉を常に鍛えておかないと咄嗟に正しい発音で喋る事が出来ない。
我がサークルではサークルとしては珍しいと思うが、テープ教材に合わせてリピーティングやオーバーラッピングで発音の特訓を毎回行っている。それは試験対策だけでなく長い目で見て使える英語を習得させるための近道だからである。
be on the lookout for something/someone: to continuously watch a place or pay attention in order to find something you want or to be ready for problems or opportunities
lose your grip: to become less confident and less able to deal with a situation

↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/09 14:31 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
今日は新規に見学者が二名参加!
本日は二週間ぶりの英会話サークルで久々に新しい見学者が二名もあるとの事で、ちょいと緊張した。
一人は関西圏からの転勤者で関西にお住まいの頃には向こうでは、ちょいと名の知れたFという英会話サークルに参加なさっていたとの事。
まぁ一応我がサークルは内容に関しては吟味を重ね、関東地区ナンバー1を自負しているので比較されるのに抵抗はないが、やはりね・・・。
もう一人はご近所の大学院生、今年の夏にカナダに短期留学の予定で事前準備との由。
関西から転勤してきた男性は、かつてイギリスに数ヶ月留学経験があり発音面では、まずまずだったが如何せん文法面で構文ができていなかった。
一方の大学院生は海外の経験は少なく専門分野も言語系ではないと言うものの、丁寧な発音で大変感心させられた。
この二人が気に入ってくれて継続的に来てくれると全体のレベルが上がって行きそうで楽しみだ。
count your blessings: used to tell someone to remember how lucky they are, especially when they are complaining about something
slip your mind/memory: if something slips your mind, you forget it
↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/08 22:42 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
内容は全てぶっつけ本番!
一口に英会話サークルと言っても内容ややり方は十人十色である。それは偏に主宰者の英語に対する感じ方心がけに依存すると言っても過言ではあるまい。
私は私なりに英語に対する感じ方取り組み方意識付けがあって、今のサークル活動方針を確立した。
まず最重要点として、英語圏に渡った、生活せざるを得なくなった場合を想定して、待ったなしの学習をするために当日学習する内容は予め告知せず来て見て初めて判る形式にした。
次に至極当然の事だが英語圏に突き放されたら、その瞬間から英語漬けになる。そこでサークルに居る間は普段とは格段の量の英語を浴び続けるスタイルにして、英語の短時間大量処理能力を培う事にした。
またイチイチ書いてある英文にアンダーラインを引いて辞書を調べて意味を調べる事が出来ないケースが圧倒的に多く、周囲の人に判らない言葉の意味を尋ねて、英語で答えが返ってくる場合を想定して、英英辞典で調べた意味をヒントとして添えることにした。
勿論サークル以外の時間における自己学習に対するアドバイスは各人のレベルに合わせて行っている。これを続ける事で参加者が何とか自力で英語を使って生活できる力を養っていけている。

↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/07 23:28 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
留学する前よりTOEICの点が下がった!
去年の秋ごろから参加されているSさん。30代半ばの独身男性で入会される直前に転職されて同時に転居して世田谷に来られてとの事。
今時の若者らしくヒップホップのサークル(?)にも参加されているので、なかなかのお忙氏だ。
したがってこちらを休まれることも多いのだが、会社ではTOEICで高得点を求められているとの事で、気持ちだけは高く持っておられる。
さてS氏前の会社を辞めた後にしばらくオーストラリアに語学留学されていた、との事でご自分では行く前よりもTOEICで高得点が取れるだろう、という読みで会社に目標点数を自己申告してしまった。
ところが実際に受験してビックリ!留学に出掛ける前のスコアを大きく下回ってしまったのだ。
でも私は普段彼とサークルで英語を話している間に、凡そ彼が取るであろう得点を予想して、これ位だったでしょう?と聞いたら殆ど当たっていた。
S氏至って真顔で私に「どうして留学から帰ってきたのに得点が下がったのでしょう?」と聞いてくる。私は本人のプライドも考えて答えに窮したが、おそらく現地に長く居るうちに先方が段々彼の下手糞な英語に慣らされて、彼が喋る意味が判るようになってしまったのではなかろうか?とても不幸なケースではある。
skyrocket: to rise extremely quickly or make extremely quick progress towards success

↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/06 22:57 】 | サークル | コメント(1) | トラックバック(0)
Black joke - 三人の男達それぞれの宿命!
職場の同僚のMさん(既婚女性)はアメリカ人と日本人のハーフ。アメリカ在住のお姉さんが時々彼女にスパイスの効いた、American jokeをメールで送ってくる。今日はそんな中から一つを紹介!
It got crowded in heaven, so, for one day it was decided only to accept people who had really had a bad day on the day they died. St. Peter was standing at the pearly gates and said to the first man,
"Tell me about the day you died."

The man said,
"Oh, it was awful. I was sure my wife was having an affair, so I came home early to catch her with him. I searched all over the apartment but couldn't find him anywhere. So I went out onto the balcony, we live on the 25th floor, and found this man hanging over the edge by his fingertips. I went inside, got a hammer, and started hitting his hands. He fell, but landed in some bushes. So, I got the refrigerator and pushed it over the balcony and it crushed him. The strain of the act gave me a heart attack, and I died."

St. Peter couldn't deny that this was a pretty bad day, and since it was a crime of passion, he let the man in.

He then asked the next man in line about the day he died.

"Well, sir, it was awful," said the second man.
"I was doing aerobics on the balcony of my 26th floor apartment when I twisted my ankle and slipped over the edge. I managed to grab the balcony of the apartment below, but some maniac came out and started pounding on my fingers with a hammer. Luckily I landed in some bushes. But, then the guy dropped a refrigerator on me!"

St. Peter chuckled, let him into heaven and decided he could really start to enjoy this job.

"Tell me about the day you died?", he said to the third man in line.

"OK, picture this, I'm naked, hiding inside a refrigerator..."

↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/05 21:56 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
会社で新人教育を担当した。
昨日は新人が一人と合併に伴って移籍してきた人が6人ほどいて、職場で歓迎会を催した。
今日は早速新入社員の教育を各職場が持ち回りで担当して、私の職場は私が1時間15分の持ち時間で受け持った。
純粋に部署で手がけているプロジェクトと職場全体の関り合いを説明するのであって、今日は英語を教えるわけではない。
22歳になったばかりの大学出たての女性に、専門外のコンピュータ・システムの話をして、どの程度通じるだろう?と少々不安だったが、驚くほどに飲み込みが早く、結構突っ込んだ質問を受けてたじろいだ。
自分が22歳の頃に、こんなにしっかりした質問が出来ただろうか?就職前にこれほど積極的に仕事の内容を前もって勉強しただろうか?
やはりここ数年は就職難の時代が続いたせいなのだろうか、しっかりした若者が増えたようにも感じる。勿論ふっと肩の力を抜いたら、まだまだ子供だなぁ・・・と思わせる点もあるのだろうが、そうでなければ若々しくもなく何も面白くない人間になってしまう。
彼女は中国語が大学時代の専門で国費で留学も経験している。この辺りの逞しさを、これからも仕事で生かして欲しい。
brainy:able to learn easily and think quickly
【2006/04/04 22:41 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
我がサークルの成果?
現在都内には有名どころだけでも10箇所近くのサークルが運営されている。そしてその殆どが1回300円とか500円とかで、何人集まったと規模を誇示したがっている。
しかし本当に内容が伴っているだろうか?内容が充実していて間違った英語が使われていないなら、本当にその金額は安いだろう。
ところが実態はどうかというと、殆どの所が集まった人たちを幾つかのテーブルに分けて、簡単なプリントを一枚配布して今日のテーマはこれですから、これについてグループ内で討議してください、みたいな形式である。
隣のテーブルが煩ければ同じグループの人の声なんか聞こえはしないし、間違った英語を使ってても誰も訂正はしてくれない。用意された教材にしても正しい英語である保証は何処にもない。
その点我がサークル「世田谷C.E.S.」では教材を厳選し、一度の活動で二時間半をフリートーク、英文解釈、発音練習、ディクテーション、英語クイズに分けて徹底訓練を積み重ねている。
その成果で、これまでアメリカの大学院修士課程とインドネシアの大学院博士課程に各一名を留学生として送り出し、アメリカの大学を卒業した方を国内の一流外資系企業に就職させた。
百花繚乱の東京地区英会話サークルに一石を投じたと信じている。
↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/03 22:44 】 | サークル | コメント(1) | トラックバック(0)
NHKの英会話番組のテキストを購入した!
やっと今年度聞く英語番組を決めて今日書店で4月号のテキストを購入した。明日から番組が始まるのに、やっと今日である。なんて対応ののろさだろうか(笑)!
これには先日も書いたが今年度からNHKの方針なのか、私達ビジネスマンが最も聞き易い平日の午後9時~11時の時間帯に、毎日ラジオの英会話番組を放送するわけではなくなった事にも原因がある。
私が8年間聞き続けてきた「ビジネス英会話」は11時15分からに、レッツスピークの後番組は11時30分からに変った。その時間だと眠くて集中力を維持する自信が無い。
そこで火・木・土だけだが9時15分から再放送する遠山顕先生の「英会話上級」のテキストとCDを買った。遠山先生の番組は「ビジネス英会話」を聞き始める前に数年間「英会話入門」というのを聞いていた。
その後も時間が有ればテキストなしに聞いていたが、相変わらず面白いので再び聞いてみることにした。
もう一つは以前にTVで見て面白かった「テレビで留学」という番組を週に一回見てみることにした。こちらの方は英語を教える際のヒントになるのではないか、と期待している。
NHKテレビで留学テキスト
NHKラジオ英会話上級テキスト


【2006/04/02 17:14 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
今日もサークルは休会!
今日は3月に続いて仕事が入ったためにサークルは休会した。これをやるのは準備が結構大変だが、やらないで帰宅した夜は侘しいものがある。
この忙しさも一段落するので暫くはサークルも皆勤できそうだ。
今週は折角一人見学希望者があったのに、キャンセルで惜しい事をした。
春の番組改変期でTVも特番ばかりで、イマイチ面白みに欠けるが、ラジオの英会話番組も今日が今年度の最終回で、お別れの挨拶が続いている。4月から何を聞こうか?今までと放送時間が大きく変るので何を聞いたら良いか、まだ決めかねている。
track sth/sb down: to find something or someone after looking for them in a lot of them and they usually cause damage
double-cross: to cheat someone, especially after you have already agreed to do something dishonest with them
long/short odds: high or low numbers, that show a high or low risk of losing
↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2006/04/01 23:01 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。