スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ミクロとマクロ、厳しさといい加減さ
英語を生業として生活している部分がある私はイヤでも一日の中で英語を使わざるを得ない時間帯がある。
そしてその時間帯を過ぎると、また日本語漬けの脳ミソに切り替える。
それが面倒で一層の事一日中英語で物事を全て考えようとした時期があったが、それは幾らなんでも家族の理解を得られず挫折した(笑)!
よくサラリーマンとしてそれだけで生きているような人たちから、「英語を勉強しなければならないと自分も思う。」とか「英語くらい出来ないと恥ずかしいとは思うのですが、なかなか時間が取れません。」などという話を耳にする。
私に言わせれば、どちらも不自然だ。私は英語を使って海外の人とコミュニケーションを取れるのが嬉しくて、楽しく毎日帰宅後も英語をやっている。苦しんでやりたくない勉強をしているつもりはない。
逆に英語くらい出来なければ、という言い方を聞くと何て生意気なヤツだろうと腹が立つ。アンタが言うほど簡単に身に付くなら苦労はせんわ!そんな態度じゃ一生身に付かないだろうと!
私の本業であるコンピュータ・システムの設計や開発の世界では、物事を細かくミクロで見る頭の使い方と、非常に大まかにザックリと捉えて物事をまとめていく頭の使い方が必要である。
同様に英語の学習法も気持ちを引き締めて集中して勉強する事と、逆に自分自身で大いに楽しんでイヤにならないように学習を続けていく事も大切なのである。
↓こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

スポンサーサイト
【2006/03/31 22:43 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
ドッグ・イヤー
昨日我が家のワンちゃんが亡くなって今日は葬儀そして火葬を済ませて私が仕事から帰宅したら骨壷になっていた。
一番威勢の良かった時代の写真と赤ちゃん時代の写真を伸ばして飾ってあげたいと考えている。
ところで我が家のワンちゃん14歳と9ヶ月で亡くなったが、人間なら一体何歳だったのだろう?と思い調べてみた。
諸説あるが中型犬(ちょい大きめ)の体型から人間なら76歳~80歳程度だったのではなかろうか。
一時期ITの世界とりわけネットワークや通信の世界で、このドッグ・イヤーという言葉が大変流行した。
曰く、犬の一年は人間の一年の7倍もの速度で進んでいるので、現代人もこれくらいの速度で仕事をしないと置いてけぼりになる、という訳である。
我が家のワンちゃんも逝き急いだ訳ではなかろうが、駆け足で犬生を過ごして立ち去った物である。本当に寂しい(涙)!
BLOG RANKING
【2006/03/30 23:01 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
今日、飼い犬が亡くなりました!
今日は全く英語とは関係ない話題です。でも今日はこれしか書けません。
実は今日の夕方約15年間家族同様に生活を共にしてきた我が家の飼い犬君が亡くなった。
今年の6月まで生きていれば15歳になっていたが、14年9ヶ月の長寿を全うし天国に旅立っていった。
まだ子供に恵まれなかった私達の家に来てから、本当にヤンチャで可愛いオスの(柴犬風)雑種だった。
子供が出来るまで、何処に行くのも一緒だった。僕が会社に出掛けている間留守を守る妻の話し相手だった。
昨夜一晩中苦しげに鳴き続けて、何度も妻の寝床によろよろと歩いて行こうとして妻に抱きしめられて背中をさすられて、また一眠りしたのは、妻の事を本当の母親と思っていたのではなかろうか?
娘を含めて家族全員で大泣きした。でも思い出すのは彼が元気で本当に楽しく皆で散歩したりカケッコをした思い出ばかり。
きっと天国でも元気に野原を駆け回っていることだろう。合掌!
【2006/03/29 22:57 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
スウェーデン人と英語で仕事をした経験
企業の面接などに行くと必ず人事担当者から「英語を何処で勉強なさったのですか?」と聞かれてウンザリする。
この辺りがTOEIC何点という履歴書の記述に単純にダマされる、人事のバカさ加減である。日本人は必ず留学などをしないと英語が身に付かないと思い込んでいる愚かさが窺い知れる。
そういう時に私は「中学で勉強しました。」と決まって答える。事実中学の2・3年の時に英語の担当だったK先生の教わった事は今でも役立っている。
しかしホンネを吐露すれば半導体系の輸出入商社で技術的な営業支援職をしていたころ知り合った、スウェーデンのメーカの技術者こそが実質的な私にとっての英会話教師だったかも知れない。
彼自身も母国語としてスウェーデン語を使い、私も日本語を使いながら仕事を円滑に進めるにはお互いに不得意とは言え、一緒に居る時間は英語を使うしかないのである。大変力が付いた時期である。
しかし不思議なのは一緒に展示会等で海外からのお客さんに説明していても、英語のレベル的には私も大して変わりないのに、彼の方は実に堂々としていてネイティブみたいに見えてしまうことである(笑)。
BLOG RANKING

【2006/03/28 22:31 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
貴方は何処の英語がお好きですか?
BLOG RANKING

今日仕事の関係でコンピュータ・システムの開発会社の営業担当が、イギリス人とオーストラリア人の男性技術者を私の事務所に連れてきて打ち合わせを行った。
二人とも初めての顔合わせではなく、とりわけオーストラリア人のMarkとは既にこの10ヶ月ぐらいで4度目にもなる。そうすると大体言いたい事はお互いに察しが付く様になる。
これもテクニックの一つだが本当の英語の力ではない(笑)!もう一方のイギリス人とは二度目だが、前回の打ち合わせの時には殆ど聞き取れなかった。おまけに付き添ってくる日本人が何れもイギリスからの帰国子女で調子が出てくると全員がブリティッシュ・イングリッシュである。
いつから、こんなにブリティッシュ・イングリッシュを自分自身が毛嫌いするようになったのか判らないが、多分前職で相手をしていたイギリスのIT本部の担当者が殆ど全員、コックニー訛りだった事に起因しているのではないか、と思う。
今から5年ほど前にヘッドハンティング会社で面接をした女性が、イギリス人だったが、当時は「あなたがイギリス人で英語が判り易くて助かった。」なんて言っていたのがウソのようである(笑)!
stationary:standing still instead of moving
stationery:materials that you use for writing, such as paper, pens, pencils etc.
【2006/03/27 22:34 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
表現方法は一つではない!
日本の英語教育を語るときに、どうしても英文解釈=和訳と言うモノに対する比重の高さを感じざるを得ない。
それ自身は決して悪い事ではないと思うし、寧ろNativeの話を正確に聞き取るための基礎として大切な部分である。
要はバランスの悪さを感じるのである。英文解釈に対して英作文に対する比重は、どうだろうか?
教育の現場における時間としては、それほど遜色のない時間数を割いているかも知れないが、内容はどうだろうか?
これは偏に教える側の資質の問題にも負う所が多いと感じるのだが、例えば一つの事を表現するのに日本語でもそうだが、英語でも何十通りと表現の方法はあるだろうか?
しかしながら、果たして教える側にそれらを受け止めて正誤を判断する能力があるだろうか?と言うと日本語に対する物よりは低いのではないだろうか、という気がする。
その辺りから教わる側の英作文に対する興味をそぐ状況をかもし出しているのではなかろうか?
discreet:careful about what you say or do so that you do not upset or embarass people, especially by keeping a secret.
discrete:clearly separate
【2006/03/26 13:40 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
今日、英会話サークルにて・・・
今日の午前中に突然私の携帯電話が鳴った。(多分)久し振りに世田谷区の古い広報に載せたサークルの会員募集記事を見ての見学希望だ。
大体当日の午前中になって突然見学希望とは、どういう人だろう、と最初から訝しがってしまった。
電話で教材は見学者の分まで用意するから、と言って今日の見学を希望するか、という確認を取ったし、辞書と筆記具を持ってきてください。と言うのにちょっと見学だけですから、と言い出す。
自分は初心者ですがいいですか、とか言う割には喋ってみたら結構良い発音をする定年退職者の男性だった。しかし最初のニュースを読むが終わった所で突然「雰囲気は判りましたから」と言って帰ってしまった。
他の参加者はどうせ初回は無料なのだから最後まで居ればいいのにねぇと白け切っていた。
思うに彼がチョイと覗いて帰ってしまった事には幾つかの理由があると思う。一つは今日の参加者が全員中年男性で若い女性が一人も居なかったため興味を失った事。二つ目は他の会員さんが最初のコーナーが終わった所で参加費を払い始めたので、自分もお金を取られたり無理矢理入会を迫られたりしたら堪らない(どうせ冷やかしだから)と感じた事。
その辺りが初老男性に奇々怪々の行動を取らせたのであろう。最近子供たちには落ち着きがない、と言うが大人も言えたものではない(笑)!
clue:information that helps you understand the reasons why something happens
【2006/03/25 18:21 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
英語の習熟に男女の性差は有るか?
英語を使う仕事に就いて結構年数を経てきたが、一緒に働く周囲の環境から感じる男女の格差と、教える立場で学ぶ人を観たときの男女の格差とでは大きな隔たりを感じる。
つまりこれ(英語)を生業としている人は、とりわけ高度な英語を要求される立場であるほど女性の比率が高い。とりわけ同時通訳の仕事、それも大掛かりな国際会議等に登場するプロの通訳は女性ばかりだ。
ところが英語を習いに来る人や私のように普通に英語も使いながら、仕事をしている人、(職種として全く英語と関係ない部分を持ちながら仕事をしている人)では圧倒的に男性の方がレベルは高い。
英語を習おうとする人は断然女性の方が多いが、その中で発音も構文もしっかりと使えるようになる生き残り組みは極めて比率が少ない。ところが男性の方はやろうとする人は少ないのに、高いレベルで習得する人の比率は高い。
これは日本人女性の声の小ささにも原因は有ると思う。即ち日本人女性は英語を口先だけでコントロールしようとするが、根本的に地声が小さいので強弱リズムが付かず、殆どフラットな発音になってしまい発音の段階で上達が難しいようである。
【2006/03/23 22:46 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
語学留学って何?
英会話のサークルを主催していると、たまーに腕に覚えのある人が訪れる。そして力のある人に限って続けて参加される。
本当に不思議だ。あなたならわざわざこのサークルに来なくても高いレベルをお持ちでしょう、というケースにしばしば出くわす。
しかしながら、そういう人たちはまだ良いほうで、語学留学をしたのにさっぱり英語が上達していない、と言う人は手に負えない。
概していえることは価格の安さに釣られて、オセアニア方面にわざわざ語学留学をした人たちである。申し訳ないが余程マジメに勉強した人意外は、発音が極めて悪い。
こんな事なら国内で書店で販売されている教材で訓練した方が、まだマシではないか?と思えるほどである。
それにも増して謎なのは語学留学とは一体なんだろう?と言う事である。単に英語を勉強するだけなら日本にもNativeの講師は掃いて捨てるほど居るし、海外で語学を使う機会を増やしたいなら旅行かワーキングホリデイでも充分なはずである。
そもそも留学とは何か勉強したいものが別にあって、その為に行った先で語学を勉強すると言うのが本筋ではなかろうか?
【2006/03/22 23:12 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
英語のレベルって何???
英会話サークルでメンバー募集の告知を出すときに、良くレベルはどの程度の方が対象ですか?と聞かれて、こっちが当惑してしまう。
外国語を使うに当たってのレベルとは一体何を基準に言うのだろうか?ちょっと逆の立場になって考えて頂きたい。
日本に居る外国人の日本語のレベルを語る時に、A君は上級だがBさんは中級、Cさんは初級と中級の間くらいかな?なんて言うだろうか?
Native Speakerからみた言語使用能力は通じるか通じないか、ではないだろうか?
さらにポイントを握るのは如何に込み入った内容を単純に説明するか、という能力ではないだろうか?
当たり前の事だが日本語のNative Speakerである我々日本人は、日本語を使えば幾らでも小難しい言い回しが出来る。しかし外国人にそんなレベルを期待する人はいるまい。
同様のことを我々も考えるべきである。まず英語を喋る前に自分が言いたい内容を単純化することである。そしてそれを中学英語で喋るべきである。それがコミュニケーションの確実性を増す第一歩である。
今日のお役立ち表現:fortnight - two weeks
↓もしも、お気に召しましたら下のアイコンをクリックして下さい!↓
BLOG RANKING

【2006/03/21 19:34 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
Nativeの発音で一番聞き取りにくいのは・・・?
BLOG RANKING

自分自身仕事で英語を使うようになって、もう何年にもなり殆どどんな国のNative speakerの英語でも(知らない単語は別にして)聞き取れるようになったが、今でも赤面してしまう間違いがある。
と同時に今でも少々心もとない点がある。それは最も基礎であるべきアルファベットの発音である。正直に言って電話など相手を目の前にしないで相手が今から言うとおりのアルファベットのコマンドを、PCの画面にタイプしてくれ、と言われたら自信が無い。
特に'B'と'V'、'O'と'R'、'S'と'F'、'G'と'Z'、'M'と'N'などなど。そんなバカな!と思われる方も多いかもしれないが、ある外資系の企業に勤めている時分に、システム開発に関する会議の席上で、英語にもコンピュータにも明るい人間ばかりが集まっていたのに、イギリス人技術者が発音する、RDR:Requirement Definition Report(要求定義書)と言う言葉を、日本人スタッフ全員が「オーディオ」と聞き取って首を捻っていたのである。(これは笑い話ではない!)
何でこんな事になるのか?ずばり日本の中学での英語教育がなっていないからである。世界中何処を探してもRをアール、Nをエヌ、Vをブイと発音する国はない、と言う事を我々は肝に銘じなければなるまい。
【2006/03/21 00:12 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
アナログなオーディオが役立つ事も・・・
英語を学習する上で最も大切なキーポイントとして私は発音を挙げている。
発音を上達させるための方法にも幾つかの手法があるが、最も単純な方法としてはNativeの発音をマネることである。オーバーラッピングやシャドウイングは発音の改善には大変有効な手段である。
幸い現代日本では書店を覗けば色んな出版社からNativeの音声を録音した媒体を付録とした雑誌や教材が並べられている。本当に英語を勉強するには(他の外国語と比べて)楽な時代になったものである。
そして添付されている媒体だが、時代の趨勢を反映して殆どがCDである。
ところがCDを添付されると困る点がある。それは小まめに聞いている音声を止めたり戻したりが難しいのである。そうするとどうしても一旦カセットテープに録音しなおして使う事になる。
そんな訳で最近はめっきり使う機会が減っていたカセットテープやテープデッキのクリーニングキットを電気屋さんに買いに行ったりすることが増えた気がする。これも時代に逆行しているようで面白い。
STD:Sexually Transmitted Diseases
BLOG RANKING

【2006/03/19 17:37 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
TOEICで何点と言うけれど・・・
BLOG RANKING

今春以降にTOEICの試験内容に変更があり旧要綱での試験が今月で最後とあって、試験対策に燃えている人がこの時期多いようだ。
少し以前に文部科学省が今やTOEICの方が実用英検よりも企業の採用等で重視する傾向にあるので、実用英検のお墨付きを外すと表明した。
しかしながら実態として本当にTOEICでだけ730点以上を取った人と、それ以外の資格試験を突破した人とではどちらが本当の英語の力を持っていると言えるだろうか?
私はTOEICで得点する事と、実際の英語運用能力とは必ずしもリンクしないように思う。それはどんな試験でも言える事だ、という反論もあることだろう。
しかしながら実用英検で2級も取れない人がTOEICで700点以上を取ったとしても、その実力は甚だ怪しい物である。まだ読み書きに対する能力がハッキリしている分、英検の方が信頼できるのではなかろうか?
実際にTOEIC800点を突破しました、という売り込みで採用してみて、たった数行のメールの返事に1時間もかかったり、初対面の外人に対して全く失語症のようになった輩も数多く接してきた。
たまたま実力とスコアが一致すれば良いが、乖離が有る場合には採用した側にも応募した側にも不幸な事態に陥る。ぜひ多くの学習者には目の前の点数よりも本当の力をつけるべく、じっくりと腰をすえて英語と取り組んでいただきたい物である。
今日のお役立ち表現:look on the bright side - to find good things in a bad situation:
【2006/03/18 17:39 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
王監督も英語で審判に抗議!?
海の向こうアメリカ合衆国で開催されている初めての野球の世界大会ともいえるWBCも、いよいよ準決勝を迎えるが今日は日本にとってのライバルであるアメリカがメキシコに敗れると言う波乱で、日本の準決勝進出が決まった。前日韓国に日本が敗れた後だけに飲み屋で溜飲を下げているオヤジ連中もさぞかし多いことだろう。
ところでこの大会で日本対アメリカ戦でもミスジャッジをしでかした、アメリカ人審判が今日もまたメキシコ戦で幾つか明らかな誤審をしでかしたが、怒ったメキシコチームが奮起して逆にアメリカはコテンパンにやっつけられた。
先日の日本戦でのミスジャッジの際には抗議を行った王監督は通訳を連れてホームプレート付近に赴いていたが、最後にはデカい声でNoと叫んだそうだ。勿論野球の監督をやっていて審判が外人だったら、選手交代の際などに英語を使わなければならないシーンは多いことだろう。
それだけでも60歳過ぎの王監督には精神的に堪えそうだが、なかなか頑張っているし本当に逞しいと感心させられる。どうか選手達も監督のタフさを見習って、韓国との準決勝戦を勝ち抜いて欲しいものだ。
BLOG RANKING

【2006/03/17 23:26 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
英語をこんなに身近な存在にしたのは誰?
BLOG RANKING

街を歩けば、どこでも英会話教室の広告が目に付く。自分がそれにずっと関わっているから、という理由だけでなく、英会話を勉強するなんて殊更特別な事ではない時代になってきた感じがする。
ところで英語を全然異なる言語圏に住む我々日本人にとっても身近な存在にしたのは、誰の功績だろうか?
そう考えるときに私はアメリカ人の存在を否定する事が出来ない。何故ならば英語はイギリス人の手を離れて、アメリカに渡ったお陰で大変簡素化された。スペルも発音も文法までも以前より容易になった。
私の亡くなった父親は大正生まれだったが、大変ブリティッシュ・イングリッシュの出来る人だった。そんな人間だから影響を受けて英語をやるようになったのか、というとそう言う訳ではない。
もしも私の父親が使っていたような英語が全てで、それを使えないと海外で仕事が出来ない、とかいう時代だったら、根気のない自分などとっくに英語を諦めていた事と思う。
アメリカは懐の広い国である。いろんな言語圏からの移民を受け入れてきた。そして彼らが生活に支障を来たさない様にするには、英語を簡素化して誰でも話せる発音でOKにするしかなかったのである。
私達はアメリカン・イングリッシュで国際的な場所で不自由しない幸せな時代に生活している。このチャンスを生かさない手はない。サークルで一緒に英語を勉強しませんか?
【2006/03/16 22:01 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
年度替りは番組改編期!
三寒四温で少しずつではあるが春が近づいてきている事を予感させられる今日この頃だが、年度替りの時期でもある。
年度末にお決まりのお役所による予算消化目的か、最近では勤務先の周囲の道路工事が花盛りで歩きづらくて仕方が無い。
卒業・入学・新入社員のシーズンでもあり、職場では歓送迎会の話題でも賑わっている。
この事はTVやラジオ番組にも当て嵌まり、お気に入りの番組が最終回を迎えて寂しい思いをしておられる方も多いことだろう。
私がいつもお勧めしているNHKのラジオ英会話番組も改変期を迎え、4月からの番組構成を紹介したテキストの特集号が書店の店頭を賑わしている。
ビジネス英会話の杉田先生、ものしり英語塾の大杉先生に馬越先生、英会話上級の遠山先生、徹底トレーニング英会話の岩村先生と、私のお気に入りの先生方も今年度に引き続き当番予定だし、新しく加わるスタッフもかなり期待できそうだ。
ただ一点気になるのは英語の時間帯が全体に後ろにズレて、深夜になったことだ。
BLOG RANKING

【2006/03/15 23:20 】 | 英会話 | コメント(0) | トラックバック(0)
異文化を受け入れると言う事-PartⅢ
BLOG RANKING

このシリーズも少々クドくなってきたので今日で最後にしたい。
つまり結論として私が言いたい事は、事件がおきた滋賀県の長浜市では海外の人が移り住むのを受け入れる準備が本当に出来ていただろうか?ということである。
私は普段から感じていることだが、各地方自治体が国際交流協会みたいなのを作っている事や、各地方の役所も外国人の居住者に対して申し訳程度に外国語の出来る人を使って相談会を催しているが、どの程度役立っているだろうか?
日本の交通機関では(とりわけ都会では)駅などの行き先案内にローマ字表記が添えられていたり、駅名やちょっとした案内にハングル文字や中国の簡体文字も書かれていたりするが、如何にも小さくて読みづらい。
要は一人一人がお持て成しの気持ちをもって接する事が出来るか、であり何をして上げられるか真剣に考えられるかに掛かっていると言える。反対に自分が海外で生活するときに、そういう態度で接して頂けると本当に助かると思う。
その点我が娘が私の郷里で通っていた保育園の園長は肝の据わった大した女性だった。すぐ近所に留学生会館があり海外の国家を代表するような、かなりの年齢の留学生が家族と一緒に住んでいて、子供達がその保育園に通っていたので、都合11カ国の人たちが一緒に学び遊んでいたが、揉め事の一つもなくお互いが尊敬しあっていた。
【2006/03/14 22:19 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
異文化を受け入れると言う事-PartⅡ
嫁不足の地方があって直ぐ近くの隣国に貧困にあえぐ農村で食い扶持を減らしたがっているから、両者の思惑を調整してビジネスになる。
しかし、それは飽く迄もビジネスの世界である。誰がその後の国際結婚したカップルの問題を積極的に解決してあげようとするだろうか?
超お金持ちでもない日本人の所にお嫁に来たとしても、自分の生活に精一杯で実家に仕送りする事も厳しいだろうし、ましてやタマの里帰りもままならなかったであろう。
周囲の誰が積極的に殺人犯になった中国人女性の内面的な支えになってあげただろうか?
翌日のニュースに殺された二人の被害者のお通夜で「守ってあげられなくてごめんね。」という周囲の大人の気持ちに成り代わった見出しがついていた。余りに一方的なものの見方ではなかろうか?
長く一つの地方に住んでいると、そこに独自の仕来り等が不自然でなくなり、なぜそうなるのかの説明も出来なくなる。これがニューカマーにとっては辛い。その点逆に昔の人は優れていたと思う。
私の祖母は初めて嫁いで着た日の不思議な感覚を覚えて母が嫁いで来た時に文化的背景を説明し、母もその日の事を良く覚えていて私の妻に教えてくれた。一方私の方は生まれて育って同じ地域に居たので、その文化が当たり前すぎて、仕来りについて理由や背景を全く説明できない。
BLOG RANKING

【2006/03/13 22:54 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
異文化を受け入れると言う事-PartⅠ
BLOG RANKING

勿論自分がオギャーと生まれてこのかた一貫して広い視野で世界を見渡し、国際的な視点に立って行動してきたわけではない。どちらかというと寧ろ地方出身の私は狭い視野で物事を見て育ってきたのかも知れない。
ところが英語を自分なりに学習し、それを使って仕事をしてくるうちに自然とモノの見方が変ってきたのである。そうなると自然と、こんなことでいいのかな日本は?と思える点が目立ってくる。
先日、滋賀県の長浜で日本人男性と結婚して当地に住んでいる中国人女性が、自分の子供が通う幼稚園の園児二人を殺害すると言う痛ましい事件があった。
確かに増え続ける日本国内の中国人居住者による犯罪が増加している事実は否めないが、この事件をそれらと同一に扱う事は妥当であろうか?
私は全く異質の事件だと思う。
一つには嫁不足の田舎町だから中国の貧困地区から嫁を連れてくる。これがビジネスとして罷り通る歪な社会構造に問題がある。
my treat:(spoken)used to tell someone that you will pay for something such as meal for them; Let's go out for dinner - my treat this time.
【2006/03/12 16:25 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
今日はサークルを休会しました!
本日は昨年11月以来の私自身の仕事の都合により、サークル活動を休会した。本当に多忙な本業の傍ら良く休まずに続けていると我ながら感心する。しかし一方で活動を始めてから身体も調子が良くなったように感じる。
我がサークルでは一回の活動を5時限に分割して、2時限目は英語のニュースを読むコーナーに当てている。目的としてはA4用紙で1枚程度の英文を英語の解説(英英辞典から)だけで、15分程度で理解する事である。
しかしながら実態としては、なかなかその理想までは手が届かない。ベースとして1万2千語程度はないと欧米での生活は困難だと思っている。
こういうスタイルでまだ開始1年10ヶ月で2名の海外留学生を送り出し、一流の外資系への転職成功者を送り出した。概して高いレベルの人ほど我がサークルの活動に価値を見出し、そうでない人ほどバカにしたがるのは面白い。
今日のお役立ち表現-SUV:Sport-Utility Vehicle
続きを読む
【2006/03/11 23:17 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
姪の合格通知
春一番も吹き世の中は卒業~入学のシーズン所謂年度替りである。立て続けに身内から合格の話が飛び込んできた。久し振りにめでたい話続きである。
私には二人姉が居て、それぞれ二人ずつ娘が居る。私にとって姪である。実家に帰ったときに座布団一枚の上に寝ていた赤ん坊の頃から知っている可愛い姪っ子たちだが、月日の経つのは早く(他所の子の育つのは早くて(笑)!)今年は下の姉の上の娘が大学、そして上の姉の下の娘が高校受験だった。
タイプは異なるが二人とも小学生の頃から余りガリ勉タイプではないが、よく出来た。これは共に義兄の血に負う所が大きいとは思うが(笑)。そして共に今週は合格の電話で賑わった。
大学受験の方の姪は地元の旧帝大の工学部に現役で合格し、高校受験のほうは都内でも著名な古豪の名門都立高校に彼女の中学から唯一人合格した。
共通して言える事は二人とも自分流の勉強のスタイルを、しっかりと持っていて勉強しない時は絶対にせず身体を休めていた。これもまた大切な事だと思う。
続きを読む
【2006/03/10 22:35 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
ネット経由で参加を希望する人たち
当然サークルのホームページを構え、ネットの掲示板に月に一度は募集のカキコをしているのだから、メールで問い合わせて見学に来る人が全体の中で占める割合は高い。
勿論各人が英語を使う上で抱えている問題点は、それぞれ異なるし、レベルがどうだと言う事は一概には言えない。
しかしながら、区の広報誌で見て問い合わせてくる人達とは明らかに考え方が違う。概していえることは自分が英語を使う上での問題点を適確に把握し、しっかりと解決策を求めてくる人が多い。
それに会場の場所がどこであれ厭わない人が断然多い。毎日通勤するのより短ければ良し、と言う感じである。
そうして頑張ってきてくれれば教える側のこちらも気合が入る。そしてサークルの活動そのものが自然と良い方向に進む。
だから、これからもネット経由でのPRを強化していかなければならないと痛感する。
続きを読む
【2006/03/09 22:01 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
色恋沙汰抜きの英語サークルでござんす!
サークル会員募集を広報誌に掲載すると当然の事ながら問い合わせを受ける事になる。しかしながら電話で説明する事が苦手なので手間ばかり掛かって、なかなか見学に来られるまでに至らない。
だからこそHPを作って公開しているのに、それを広報誌に載せられないのは全く持って大きなハンディキャップだ。
ところが電話で四苦八苦して説明していると、受話器の向こうから聞こえてくる話は一冊の本が書けるほど話題に満ち溢れている。
60歳過ぎと思しき男性曰く「私は日本人から習う事は全て終えたと思っております。」内心、アメリカの大学を卒業した人も通っているんだよ(笑)!30代と思しき女性から「私、出会いを求めております。」
ハッと我に返って、ずーっと長い間純粋に英語を勉強したい人が集まって打ち込める場所を提供したいと思ってやってきて、活動後のお茶もご法度にしてたけど女性からこんなリクエストがあるなんて思わなかったなぁ・・・。多様化の時代である。
続きを読む
【2006/03/08 22:36 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
会員を募集する手段と集まる人たち
一応私達のサークルも東京都世田谷区に登録して活動している手前、区の広報に最低でも年に一度はメンバー募集の広告を載せないとマズいかな?とか思う。
ところがこれが、やや難儀な話。というのも募集広告には連絡法として電話番号しか掲載できない。今時メールアドレスもホームページのURLも書くことが出来ない。
やはり個人情報の問題が気になるし、昼間は家族しか居なくて迷惑をかけるので携帯電話の番号で掲載する。受付時間は夜の7時から9時までと書いているのに仕事時間中にかけて来る人も居る。
さらに悪い事にはネット経由でなく広報で電話してくる人は何となく勉強も他人任せの人が多い。受身で積極性がないために折角英語をやりたい人が集まっているのにメリットを生かせない。
それと非常に狭い地域に固執する人が多い。一応私鉄沿線沿いにある区の施設を使っているのに、自宅の周辺じゃないと通えない、と。小学生でもあるまいし呆れたものである(笑)!
続きを読む
【2006/03/07 22:16 】 | サークル | コメント(1) | トラックバック(0)
英語を聞き取れるのに喋れない???
数年前に勤務していた半導体系の輸出入商社で若手社員向けにビジネス英語の社内講師をしていた時代がある。
その時初めてある若手社員から「僕は外人が喋っている英語の意味は大体判るのですが自分の言いたい事がうまく伝えられないのです。」という悩みを聞いたときに大変驚愕した。
私は長年その逆だったからである。もしこの若手社員の言葉が本当ならこの男の英文解釈能力は恐ろしく高く、音声判断力も素晴らしい事になる。それなのに英文を構成できない、一体どんな頭脳をしているのか不思議で仕方が無かった。
しかしその後英語を教え続けるうちに、同じような人が意外に多くて、それは彼らの中学・高校時代の英語教育に原因があることがわかった。即ち英作文に割いた時間が余りに少なすぎるのである。
私の中学時代の英語担当だったK先生は一つの章が終わるたびに短い英作文を沢山やらせて下さって、簡単な英語で書くように教わった。これが今自分が咄嗟に英語を喋ろうとする時に大変役立っている。
続きを読む
【2006/03/06 22:56 】 | 教育 | コメント(1) | トラックバック(0)
仮病による病欠のシーズン!?
自分が得意とする英語はアメリカンイングリッシュであり、イギリス人が喋る英語は時として全く聞き取れない事もある。根底として苦手意識が拭えずに居るのに、実際には仕事の上でイギリス人との接点が多い。
そんな中で、先月のサークルで取り上げたニュースの中に、こんな面白い記事があった。所はロンドンからのロイター通信である。
イギリスでは2月の上旬が一年の中で最も仕事を仮病で休む人が多い時期だそうである。
理由は、1.年末の長いクリスマス休暇が明けて休みボケの身体に鞭打って働き続ける事に疲れた虚脱感。2.次の祝祭日まで日数があり、1年の内で早くとも春までは年次有給休暇を取りたくないので病気を装う。(実際の所イギリスの祝祭日は極めて少ない。)
洋の東西を問わずサラリーマンの考え方が似通っているのは笑える。
しかし一方で長年イギリス人と付き合ってみて先方は日本は祝祭日だらけだね、というけれど彼らがヨーロッパで一番労働時間が長い、とは驚きだった。何時電話しても有給を取って不在だからである。
call in sick: Telephone one's employer or school that one is ill and cannot come to work or attend.
続きを読む
【2006/03/05 17:35 】 | サークル | コメント(0) | トラックバック(0)
週に一度の英会話サークル!
今日は週に一度のお楽しみでもある英会話サークルの日だった。楽しみである反面準備もそれなりに大変だったりする。
金曜日までの一週間のうちに題材にするニュースを選び、一応難しい単語の説明等を済ませておくのだが、平日はまとまった時間が取れないので、どうしても土曜日の午前中になってじっくり読み直してみたりする。
そんな苦労をして臨むのだが年度末で業務多忙の影響なのだろうか、この所休みの会員が多い。
今日は新しい女性の見学者が有ってどうにか私以外に2名で、男同士のマンツーマンという事態だけは避けられたが、一時期の部屋に入りきれないような熱いものが感じられなくなり寂しい。
とは言え今日の見学者は外資系への転職を検討しておられるだけあって、大変積極的だった。道のりは険しいかも知れないが何とかサポートしてあげたい。
今日のお役立ち表現は、knock someone's socks off:(slang) To overwhelm or amaze
【2006/03/04 22:55 】 | サークル | コメント(1) | トラックバック(0)
効率の良い学習法-PARTⅡ
昨日これを書きながらツラツラ自分の学生生活を思い出してみた。
私は家に帰ってまで机に噛り付いて苦しみながら学校の勉強をするなんて真っ平ゴメンという人間だった。
それでいて成績が悪かったわけではない。時間をダラダラかけて机に噛り付く位ならば他の楽しい事に時間を割きたいタイプだった。
だから一つ一つの事をトコトン自分の頭の中で突き詰めて考察し、ある程度結論付けて、それが合っているか間違っているか検証する方法を採った。
そうすると間違っていた時でも「あっ、そうなんだ」という印象が強くて正解が頭の中にスイスイ入ってくるのである。
この様にして何の科目にせよ、1.自分なりに内容を推察して或る一定の決まりごとを見つけ出し、例外だけを整理する。2.自分が間違っていたことに気付かされた時は、それを知った事を強く喜び心に刻み込む。この方式で時間をかけずに正確に理解でき、ずっと忘れずに心に刻み込まれたのである。
【2006/03/03 23:55 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
効率の良い学習法とは
学生時代には余り深く考えずに最近まで思い出しもしなかったが、長い間自分の心の奥底に刻み込まれていたことがある。
それは何の科目にせよ我々の学習方法には個人間で大きな隔たりがあることだ。
大学受験期に図書館か予備校の自習室で見た友人の学習法には驚いた。何しろ日本史や世界史の教科書に書かれている人物や事件や地名・年号などを雑記帳のようなものに何度も繰り返し書いているのである。
私は不思議に思って何をしているのか尋ねたら暗記しているのだと言う。余りの事に私は言葉を失った。
私は何の教科にしてもまず自分で興味を持って内容を自分なりに頭の中で整理をして理解しないと記憶に留まらなかった。そのかわり一度理解した事は殆ど一生忘れない自信はある。
「好きこそ物の上手なれ」という言葉も好きだ。覚えろといわれなくても子供達はポケモンのキャラや背景をきちんと短時間で覚えてしまう。勿論英単語にしても何度も繰り返して書いたことはないが、スペルミスをしない自信はある。
【2006/03/02 22:24 】 | 教育 | コメント(2) | トラックバック(0)
トリノオリンピックが終わって・・・
冬季オリンピックも終わり選手たちも続々と帰国してきた事はTVのニュースで既報通り。
最後の方でやっと金メダル一個を取って何とか大選手団を送り込んだ日本の協会も胸を撫で下ろしたようだ。
その唯一のメダルを取った荒川静香選手、インタビューでこれから海外で活躍するには英語を勉強しなくてはならない、と自覚したようで流石に立派な心がけである。
ところで今回選手達のインタビューを聞いていて感じたのは、見た目と喋り方のギャップである。
見た目は大人っぽい演出をしている男子フィギュアで入賞したもののメダルを逸したT、それに代表の座を惜しくも逃したO、そして女子で惜しくも4位に終わったS。
揃いも揃って喋りが小学生並みのガキで思わずインタビューを聞くんじゃなかった、という暗い気持ちになってしまう。その点静香嬢は落ち着いた中にもしっかりした大人の話し方をしていて感心させられた。
【2006/03/01 23:16 】 | 教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。