スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
昨日の英会話サークルより!
昨日は日中から好天気に恵まれた程よい陽気の秋らしい気候の下、午後7時から会員が集まり約2時間、熱心に英語の学習に取り組んだ。

そんな中、「エッセーを読む」のコーナーでは、最近のインドの急成長について、Mr.Adrienne McPhailがまとめた、'The New Age of Prosperity'を取り上げた。

【昨日学習した表現】
emerge: 露見する、露呈する
well-timed: 時宜を得た、タイミングが良い
flock: 群がる、大挙して押し寄せる
court: 誉めそやす、ご機嫌を取る
vibrant: 活気がある
fabulous: 豪華な、素晴らしい

【10月度活動予定】
10月9日(土):世田谷区祖師谷地区会館
10月16日(土):世田谷区祖師谷地区会館
10月23日(土):世田谷区祖師谷地区会館


↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓

BLOG RANKING

スポンサーサイト
【2010/10/03 15:47 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
昨日の英会話サークルより!
昨日は、やや蒸し暑さを感じさせる春の終りの気候の下、会員が集まり午後2時から約2時間半、熱心に英語の学習に取り組んだ。

そんな中「エッセーを読む」のコーナーでは、AIDSによる被害の拡大が深刻さを増すミャンマーで、治療の望みを託して国境を越えてインドに渡る人が続出していると言う話題を、Mr. Shaikh Azizur Rahmanがまとめた 'Myanmar's AIDS Victims' を取り上げた。

【今週学習した表現】
1. all but: ほとんど完全に
2. nothing but: ただ、丁度~だ
3. shawl: ショール
4. deception: 欺瞞、だますこと、欺く事
5. dynasty: 王朝

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓

BLOG RANKING

【2010/05/23 20:22 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
American joke - 世界の偉大な(?)女性たちの声!
Superwomen...

Inside every older person is a younger person -- wondering what the hell happened.
-Cora Harvey Armstrong

The hardest years in life are those between ten and seventy....
-Helen Hayes (at 73)

I refuse to think of them as chin hairs. I think of them as stray eyebrows.
-Janette Barber

Things are going to get a lot worse before they get worse.
-Lily Tomlin

A male gynecologist is like an auto mechanic who never owned a car.
-Carrie Snow

Laugh and the world laughs with you. Cry and you cry with your girlfriends.
-Laurie Kuslansky

My second favorite household chore is ironing. My first being, hitting my head on the top bunk bed until I faint.
-Erma Bombeck

Old age ain't no place for sissies.
-Bette Davis

A man's got to do what a man's got to do. A woman must do what he can't.
-Rhonda Hansome

The phrase "working mother" is redundant.
-Jane Sellman

Every time I close the door on reality it comes in through the windows.
-Jennifer Unlimited

Whatever women must do they must do twice as well as men to be thought half as good. Luckily, this is not difficult.
-Charlotte Whitton

Thirty-five is when you finally get your head together and your body starts falling apart.
-Caryn Leschen

I try to take one day at a time, but sometimes several days attack me at once.
-Jennifer Unlimited

If you can't be a good example, then you'll just have to be a horrible warning.
-Catherine

When I was young, I was put in a school for retarded kids for two years before they realized I actually had a hearing loss. And they called ME slow!
-Kathy Buckley

I'm not offended by all the dumb blonde jokes because I know I'm not dumb and I'm also not blonde.
-Dolly Parton

If high heels were so wonderful, men would still be wearing them.
-Sue Grafton

I'm not going to vacuum 'til Sears makes one you can ride on.
-Roseanne Barr

When women are depressed they either eat or go shopping. Men invade another
country.
-Elayne Boosler

Behind every successful man is a surprised woman.
-Maryon Pearson

In politics, if you want anything said, ask a man- if you want anything done ask a woman.
-Margaret Thatcher

I have yet to hear a man ask for advice on how to combine marriage and a career.
-Gloria Steinem

I am a marvelous housekeeper. Every time I leave a man I keep his house.
-Zsa Zsa Gabor

Nobody can make you feel inferior without your permission.
-Eleanor Roosevelt

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2009/04/16 20:21 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
本日の英会話サークルより!
本日は午前中から突風を伴う雨が降りしきる生憎の天候の中、男女3名の会員が参加して午後2時から約2時間半、熱心に英語の学習に取り組んだ。

そんな中、「エッセーを読む」のコーナーでは日本に住み日本の企業に勤務する、Mr. Fun Volgaが日本人の知りたがりと日本企業の特異性について書いた'Who Are We?'を取り上げた。

次回は過去三週の復習プラスαの学習を実施するため、本日学習した表現の復習は再来週に持ち越す。

【本日学習した表現】
1. ask out~:~をデートに誘う
2. to no avail:(努力などが)ムダに
3. by way of~:~のつもりで、~の目的で、~する目的で
4. humiliation:屈辱、不面目
5. fire up:を駆り立てる、憤激する、いきり立つ
6. be up for~:~に向けて意気込んで、~をする気力があって、~に乗り気で

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING



【2009/03/14 21:33 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
Secretary of State Hillary Rodham Clinton's visit
ヒラリー・クリントン米国国務長官が最初の訪問地として日本を訪れ、僅か2日間と言う短い日程の中で分刻みのスケジュールを精力的にこなして、次の訪問地インドネシアに旅立った。

バラク・オバマ新大統領との激しい選挙戦の最中には、何てあくの強いイヤミなオバサンだろうと言う印象が強かったヒラリーさんだが、今回の来日ではまた違った側面を見せてくれた。まず最初に日程調整の段階では小沢民主党代表には地方遊説を理由に一度は面談を断られたが、どうしても今回会わなければならないと強い粘り腰で交渉の末に、離日直前に小沢氏を捕まえて会話する事に成功した。

また来日したのが月曜日の午後と言う事は逆算すると米国東海岸を日曜日の午後には出発していたと言う事になり、まさに休日返上で今回のアジア訪問に望んでおり、勿論これを契機に自分の外交手腕を米国内で認知させようと言う思惑はあろうが、どこかの記者会見時に酩酊状態で辞任に追い込まれた財務大臣の外交とは大きな違いを見せている。

また日本においての活動も、明治神宮に参拝して宮司の話に耳を傾けたり、皇后陛下とのお茶会で話を聞いたり、拉致被害者家族の話に耳を傾けて憤慨したり、東大生とのタウンミーティングに臨んだりとかなり内面的に充実した動きだったと言えるのではないだろうか。

これを支えるのが彼女のインターナショナルな場所での豊富な経験に裏打ちされた、見事なまでの英語のスピーチである。こんな事を書くと多くの人が、それはお前ネイティブのアメリカンの政治家だから当たり前だろう、と仰るかもしれないが、私は彼女ほどノンネイティブの国の人に伝わりやすい英語を話す海外の要人を見たことが無い。恐らくオバマ就任演説のスピーチなど遠く及ばないレベルと確信している。是非近いうちに彼女のスピーチをサークルで紹介したい。請うご期待!

↓良かったら、こちらをクリックしてね。↓
BLOG RANKING

【2009/02/18 22:55 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。